悪玉菌とは

悪玉菌

腸の中では乳酸菌などの善玉菌のような調子を整える働きをしてくれる菌がいる一方、悪玉菌の存在もあります。

悪玉菌の働きとしては主に腐敗を進めようとする働きをする菌です。

たんぱく質などを腐らせることによって腸に対して有害物質が出てきたり、毒素が発生したりします。

そして腸内環境をどんどんと悪玉菌が有利な状態にしようとするのです。

この働きが腸の中で日々、起きており、善玉菌が悪玉菌と戦って増えないようにしてくれているのです。

腸内環境を悪化させる働きがある悪玉菌にはどのような種類があるのでしょうか。

代表的な例ではブドウ球菌などの名前を聞いたことがあるかもしれませんがこれも悪玉菌の一つです。

他にもウェルシュ菌、緑膿菌、場合によっては大腸菌なども悪玉菌の仲間になります。

これらの細菌の名前を見ていて気がついた人もいると思いますが、食中毒などの時に聞く細菌の仲間です。

他にもニトロソアミン、クロストリジウム、腸球菌、ビブリオ菌などもあり、悪玉菌だけでも色々な種類があることがわかっています。

また、悪玉菌というだけでも悪いイメージがありますが、中には超悪玉菌という存在もあるということがわかっているのです。

その菌は毒素産生型フラジリス菌といってETBF菌ともいわれています。

ETBF菌は大腸がんのリスクとしても考えられている菌ですし、実際に大腸がん患者の多くが保有している菌とも言われていますので、この菌をはじめ、悪玉菌はなるべく腸の中で増やさないように努力したいものです。

だからといって悪玉菌を全部、腸内からなくすという事はできないともいわれています。

腸内の中でバランスよく少数の悪玉菌がいて、善玉菌と悪玉菌が戦いつつ善玉菌が安定した状況を保っているというのが一番、体にとっては良い状態でもあります。

また、悪玉菌と戦っているからこそ体の免疫機能が保たれていることになるのです。

悪玉菌といえども多少は体の健康状態にかかわっているということで多少は無くてはならない存在だという事になります。

悪玉菌が引き起こす弊害

悪玉菌が引き起こすこと

腸内細菌の中でも1割ほどが悪玉菌がいる状態が通常とされています。

悪玉菌は主にたんぱく質を腐らせるという働きをしていく菌なのですが、体にとってはどのような影響が出てくるか確認してみましょう。

まず悪玉菌は腸に送り込まれてきた老廃物を腐らせることによって毒素を発生させます。

この影響によって腸の中の働きが衰えていき、便秘になる事が一番に考えられます。

逆に下痢を引き起こす場合もあり、どちらにしても正常な便通が無い状態になるということです。

他にも悪玉菌が影響で考えられるものとしては花粉症をはじめとするアレルギー症状も出てきます。

また、腐敗によるガスが発生してきますのでお腹にガスが貯まるという状況も悪玉菌による影響です。

ガスが発生すると体臭にも影響が出てきたり、口臭なども発生してしまう事もあるのです。

なので口臭に悩んでいる人が腸内環境対策をする事で症状が改善した、という例もありますので気になった人は悪玉菌が増えないように対策をしてみると良いです。

美容面では腸内で発生したアンモニア、硫化水素などの毒素を大腸の中で吸収してしまうという影響から肌荒れを引き起こす可能性も出てきます。

最近、肌の老化が気になるという人はもしかしたら悪玉菌が影響して起きているのかもしれません。

病気に関しては、体の免疫機能が落ちてしまい、風邪などにも感染しやすくなります。

風邪だけではなく日本人に増えてきている大腸がんにも関係しているともいわれています。

腸内環境が悪化してしまうと免疫機能が落ちていき、発がん性物質を作るという事もわかっていますので注意したいところです。

大腸がんについては食事の欧米化による肉などの摂取が増えている割に野菜などの摂取が減ってきている傾向もありますので普段から野菜などを多めに食べるようにするといった改善をしてみてください。

このように悪玉菌が及ぼす体への影響は多くありますので、ストレスが少ない生活、規則正しい生活などといった普段から悪玉菌を増やさないような生活をする事が健康への近道となります。

関連記事

ヘリコバクター・ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜に住む菌で、口から口へ、糞便から排出された菌が人間の手を介して口へと伝わり感染し、一度感染すると駆除は難しく一生生活を共にすることになります。 糞便から出て口へ感染するので、衛生環境が悪い・・・