ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜に住む菌で、口から口へ、糞便から排出された菌が人間の手を介して口へと伝わり感染し、一度感染すると駆除は難しく一生生活を共にすることになります。

糞便から出て口へ感染するので、衛生環境が悪いと感染が広がることから途上国では8割の子供が感染しているとされますが、先進国では1割程度に留まっています。

日本での感染者は5千万人と推計されますがほとんどは高齢者で、昭和40年代以降は感染率が低下し若年層では感染率は低下しています。

ヘリコバクター・ピロリ菌には様々な種類があり遺伝子の違いは6%もあるとされますが、人とチンパンジーの違いが1.23%ですので大きな違いがあります。

どの種類のピロリ菌が感染するかは人種によって違い、人間の血液型を認識するタンパク質を持つことから血液型によって感染する菌が違うのではないかと考えられています。

このピロリ菌が問題なのは、胃がんの原因となることが知られ、胃がん患者は健常者よりピロリ菌が存在している確率が高いことが知られています。

またある実験では、動物にピロリ菌を感染させたところ胃がんが発症したことからも関係性が証明されました。

日本では感染者と非感染者について8年間追跡調査が行われ、感染者の3パーセントで8年以内に胃がんが発症したのに対し、非感染者では胃がんの発症はなかったそうです。

ピロリ菌が胃がんの原因となる理由に、細胞の表面に付着するとFSSと呼ばれる針のような構造物をさすからだと言われこれが胃がんの原因となります。

ピロリ菌が胃の表面に付着しこの針を刺すとそこから特殊なたんぱく質を分泌し、その成分が胃の細胞分裂を暴走させ制御不能になり細胞ががん化します。

このように共生している割には害しかないようにみえるピロリ菌ですが、ピロリ菌の感染率の低下に伴い胃の酸逆流疾患増加していることがわかってきました。

この疾患は、胃の上部や食堂が逆流した産生の胃液によりただれてしまう病気です。

関連性はまだ証明されていませんがピロリ菌が胃酸の調整をしているとしたら問題ですので、研究を待ちたいところです。

乳酸菌はピロリ菌を抑制するのか?

ピロリ菌とは

ピロリ菌とは、胃ガンの原因となる細菌で、形がヘリコプターのような形状をしていることからヘリコバクタ―ピロリという正式名称がついています。

人間の胃は食べ物を消化する強力な酸で満たされた器官で、通常の細菌はここで死滅させられます。

ピロリ菌は人間の胃に住んでいる珍しい菌で、特殊な酵素を分泌する事でこの強酸で満たされた胃の中でも生存する事が可能なのです。

ピロリ菌は胃の粘膜にたどり着くと細い針を細胞に指して吸着して、その細胞の細胞液を吸い上げてエネルギー源にしているようです。

通常であればこのように細胞が攻撃されると免疫は炎症を起こし白血球を送り外敵を排除しますが、ピロリ菌は針を指しているだけで直接触れていないので、この免疫の攻撃からも回避されます。

ピロリ菌の栄養源が胃の粘膜細胞であることから、ピロリ菌が栄養を摂取する度に細胞は攻撃を受けダメージが蓄積します。

ダメージが蓄積した胃は、損傷が悪化すると胃炎から胃粘膜委縮へ移行し胃ガンへ進行することから胃ガンの原因とされています。

ピロリ菌と乳酸菌

実はこのピロリ菌ですが、乳酸菌がいると胃の粘膜に吸着できないという欠点があるのです。

とある実験では、マウスにピロリ菌を定着させようとしましたが、乳酸菌が阻害してピロリ菌が定着できないという結果が出たそうです。

そこで、無菌のマウスにピロリ菌を定着させようとしたところ、ピロリ菌が定着したことから乳酸菌がピロリ菌の定着を阻害することがわかりました。

ただ、通常の乳酸菌だと胃酸で死滅してしまうことから、胃酸に負けない強いある乳酸菌でしかこのような結果は生まれないとされます。