ビフィズス菌

ビフィズス菌とは

人間にとって良い働きをする腸内細菌には善玉菌がありますが、乳酸菌とビフィズス菌があります。

乳酸菌は酸素があっても無くても生存する事が可能で、自然界に広く分布し動物の乳や植物などにも存在しますが、ビフィズス菌は嫌気性細菌と言い酸素のある環境では生育が出来ないので動物の大腸のみに存在しています。

ビフィズス菌は、腸内細菌の一種でビフィドバクテリウム属に属する細菌です。

細菌は生存の為に外部から栄養素を摂取してエネルギーを取り出しますが、この活動を代謝と言います。

ビフィズス菌の栄養素は人間と同じではないので人間が食べたものから栄養を摂取する事が出来ません。

ビフィズス菌の栄養素は、難消化性物質と呼ばれる人間が摂取しても人間には栄養として吸収されず腸まで届く栄養素がありこれらを栄養分としています。

難消化性物質には、オリゴ糖や食物繊維がありこれらを栄養素として摂取して分解、吸収する事でエネルギーを生み出しています。

ビフィズス菌がエネルギーを取り出す代謝をすると、代謝物として乳酸と酢酸と呼ばれる物質を作り出しますが、乳酸や酢酸は腸を産生にすることで悪玉菌の増殖を抑制します。

また、これら乳酸や酢酸には腸を活発にしたり免疫を刺激して向上させる機能があるので、ビフィズス菌の摂取はこれらの効果が望めます。

ビフィズス菌は嫌気性細菌ですが酸素を嫌うと言っても、酸素に触れている乳製品の中で死滅するわけではなく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が発酵する事で、ビフィズス菌の生存する環境を作り出しています。

代表的なビフィズス菌の種類

ビフィズス菌は、32種類に分類され人間の体内で確認されているのは約10菌種です。

ビフィダム菌

このビフィズス菌は、整腸作用や悪玉菌の増殖を抑制する働きの他、ビタミンB群の生成やコレステロールを吸収する働きがあります。

ロングム菌

一般的なビフィズス菌で大腸まで届いて悪玉菌を減らす働きをします。

アドレスセンティス菌

腸に棲んでいる常在菌で、腸内で悪玉菌を減らしビタミンを合成します。

ブレーベ菌

赤ちゃんの腸内に含まれるビフィズス菌で、悪玉菌の良く性の他、抗アレルギー作用が高いのが特徴です。

おすすめランキングバナー

関連記事

ビフィズス菌の効果

善玉菌の一種として腸内で人体に有益な働きをするビフィズス菌ですが具体的にはどのような働きをするのでしょうか? 食物の分解や吸収をして老廃物を排出する役割を担う腸ですが、免疫細胞が集中し免疫機能としての役割も担っています。・・・