ビフィズス菌効果

善玉菌の一種として腸内で人体に有益な働きをするビフィズス菌ですが具体的にはどのような働きをするのでしょうか?

食物の分解や吸収をして老廃物を排出する役割を担う腸ですが、免疫細胞が集中し免疫機能としての役割も担っています。

この腸の働きを活発にするビフィズス菌には下記の効果があるとみられています。

便秘・下痢の解消

腸内で人間な有害な物質を出す悪玉菌ですが、悪玉菌が出す有害物質は便を腐敗させるだけではなく、腸にダメージを与えます。

腸内環境が悪玉菌が優勢な状態になると、腸の活力は弱り下痢や便秘などの便通異常につながります。

ビフィズス菌が産生する乳酸・酢酸は腸内を酸性にして腸内の悪玉菌を減らし、酸性の環境を好む善玉菌を増やします。

善玉菌が優勢になり腸の活力が戻ると腸のぜん動運動が活発になり、便秘や下痢の感症につながります。

免疫力を高める

人間の腸は食物の分解や吸収だけではなく、人間の免疫機能を支えています。

人間の免疫細胞の60~70%が腸に集中して存在し、病原菌やウイルスなどの外敵を排除しています。

悪玉菌が増えて腸の力が低下すると免疫機能も低下し、悪玉菌が出す毒素が腸壁から吸収されて全身に巡り、病気や生活習慣病になります。

ビフィズス菌の産生する有機酸は、腸の免疫機能を活性化する働きがあるのに加え、悪玉菌を抑制します。

花粉症などアレルギーの症状を改善する

アレルギーとは、免疫機能が過剰反応し外敵では無いものに対して働いてしまう反応です。

いわば免疫細胞が暴走して逆に身体を傷つけてしまう現象ですが、ビフィズス菌の産生する有機酸はこの免疫細胞の過剰反応を抑える働きがあるとされます。

ビフィズス菌を摂取する事で、目や鼻のかゆみなどの花粉症の症状が改善されたという研究結果もあるようです。

肌の調子を整える

肌の活力は細胞が十分な栄養を吸収できる環境で、タンパク質やミネラル、ビタミンなどが腸でしっかり吸収されることが大切です。

悪玉菌の増加で、消化や吸収に障害が出ると栄養分が不足して肌の不調につながります。

ビフィズス菌の出す有機酸が腸の活力を上げて栄養素を吸収することで十分な栄養が肌の細胞にまで行き渡り肌の調子を向上させます。

便の悪臭が抑えられる

便の悪臭は大腸に滞留した便を悪玉菌が腐敗させることで産生される、インドール、スカトール、硫化水素、メタンなどです。

ビフィズス菌の出す有機酸は善玉菌が優勢にしてこれら悪臭の原因を作る悪玉菌を減らします。

おすすめランキングバナー