細菌の基礎知識

私たちの生活している自然界にはたくさんの細菌がいます。

ですが細菌という言葉を聞くと体の中に入ってきたら大丈夫なのか?と不安に思う人もいるかもしれません。

今回は細菌についていくつか基本的な部分を学んでみましょう。

細菌の形は大きく3つに分類されていて、球菌、桿菌、らせん菌に分けられます。

他には構造によって分類されたり毒性があるかどうか、また酸素の有無で生きていけるかなどから分類されていきます。

細菌の大きさは1-10 μmほどで、顕微鏡で見るとわかるぐらいの大きさです。

そして体の中だけではなく、土地の中や湖や海の中、大気圏や寒い地域の氷の中などいたるところにいるのが通常です。

種類によっては放射線下でも死滅しない細菌もあるのですが、水分がないと生きていけないという特徴があります。

ただ、乾燥に対しては細菌は芽胞という状態になることによって対応するので地球上のいたるところに細菌は存在していると考えられます。

そして細菌というと病気を引き起こすイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ウイルスと細菌を同じように考える人も多いと思いますが、ウイルスは生物の細胞を利用して増殖していくのです。

細菌は細胞が無くても活動、増殖していく事が出来ます。

体にいる細菌だけでも何百種類といますが、このほとんどが嫌気性菌に当てはまります。

酸素があっても無くてもどちらでも生きていける菌です。

これらの嫌気性菌の多くが普段は無害なものが多いのですが、体の内部のダメージによっては病気と関係してくる場合もあります。

体にとって悪い影響がある細菌はわかりやすいものでは食中毒などがあります。

サルモネラや腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌、ウエルシュ菌、カンピロバクター、病原性大腸菌などです。

これらの細菌は毒素を出し腹痛や下痢、嘔吐などの症状が出てきます。

このように数千という種類の細菌の種類がありますが、全ての細菌が悪いわけではありません。

体にとって悪い影響を及ぼす病原菌というのは細菌全体で比べるととても少なく、一部の細菌が毒素を出したり体を侵していって病気になるという事です。

腸内細菌の善玉菌や発酵食品のように私たちの体にとって良い影響の細菌もいますので、細菌について正しく知って上手に付き合っていきましょう。

関連記事

細菌の中での乳酸菌

乳酸菌は、細菌の一種ですが微生物と呼ばれるの顕微鏡の助けを借りなければ肉眼で見えないような微小な生物一種です。 細菌、酵母、かび、原虫などはすべて微生物に属しウイルスも微生物の仲間として分類され細菌は、地球上で最古の生物・・・

細菌の分類

生物の分類には動物、植物、微生物に大きく分かれますが、この分類とは別に細胞の構造による違いとして、真核生物と原核生物に分類されます。 動物と植物は全て真核生物ですが、微生物にはミジンコなどの原生動物、海藻などの藻類、キノ・・・

細菌と環境

地球が誕生してから46億年がたちましたが、生物が誕生したのは40億年前だとされます。 地球上の生物は必ず死にますが、死体は微生物により分解され他の生物に再利用され、物質は大きな循環の中にいます。 例えば炭素は、大気中に0・・・

細菌の分解能力

細菌の分解能力は多岐にわたり、腸内では人間が摂取した栄養素を分解していますが、自然環境でも同様にその分解能力を発揮しています。 細菌自体は別に世の中の役に立とうと言うつもりはありませんが、その能力を人間は汚染物質を分解し・・・

細菌のセンサー機能

生物は危険の回避やエサを見つけるために、目、耳、鼻などの知覚器官を発達させていますが、これらの器官を持たない細菌はどのように周りの情報を入手しているのでしょうか? 細菌はこれら器官は持っていませんが、細胞の表面に化学・温・・・

細菌の力を応用した環境改善

細菌の分解能力を利用した環境の浄化は既に様々な分野で応用されています。 下水処理場での浄化 工場の排水には多くの有機物が含まれていますが、この排水に空気を混ぜながら撹拌すると、これらの有機物を細菌が二酸化炭素と水に分解し・・・

細菌が住む場所

自然環境で細菌の密度の高い場所は、土壌中で土1gには数千万から数億個の細菌が存在しています。 土壌でも砂漠の様な乾燥した土壌では細菌もほんのわずかいますが殆どは仮死状態で生存に適した環境になると活動を始めます。 一方で、・・・

体内に住んでいる細菌

人間の体内には非常に多くの細菌が住んでおり、腸炎ビブリオ菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌など食中毒の原因となる人間に悪さをする悪玉菌も住んでおりますが、乳酸菌やビフィズス菌など人間の健康に貢献する善玉菌も住んでいます。 これ・・・