体内に住む場所

人間の体内には非常に多くの細菌が住んでおり、腸炎ビブリオ菌、ブドウ球菌、サルモネラ菌など食中毒の原因となる人間に悪さをする悪玉菌も住んでおりますが、乳酸菌やビフィズス菌など人間の健康に貢献する善玉菌も住んでいます。

これら人間の腸内に住む菌を腸内細菌と言いますが、中には人間の合成でき無いビタミンを供給する菌や、有害な細菌の増殖を抑制する菌など健康には欠かせない働きをする菌もいます。

人間の身体全体では2000種類を超える細菌が住んでおり、体内で最も多く細菌がいる腸内には1000種類の細菌がいるとされ、口の中には500種類、皮膚にも数100種類の細菌がいるとされます。

腸内細菌は糞便に混じり体外へ排出されますが、便1g中に1兆個もの細菌が入っているとされます。

腸内には100兆個の腸内細菌がいるとされますが、毎日排便で排出されていたら無くなってしまうのではないでしょうか?

細菌の増殖する速度は非常に速く、糞便で体外にでる細菌と同じくらい増殖するので菌がいなくなることはありません。

腸内に住んでいる大腸菌では、30分で1個の菌が2個に分裂するので、24時間後には300兆個まで増える計算になります。

ただ、実際には腸内細菌の増殖には宿主の健康状態や摂取した食べ物にも左右されたり、他の細菌により増殖を抑制されたりするので計算道理には増えません。

大腸菌は、他の腸内細菌が産生したアミンのような物質を分解したり、ベンツピレンなどの発がん物質を分解する良い働きをする反面、腸内で物質を腐敗させたりする悪さをします。

腸内細菌は腸から出るとあまり長く生きていられませんので、実態については完全には解明されていません。

腸内細菌にもエネルギー効率の良い種もいれば、悪い菌もいますが肥満の人にはエネルギー効率の良い腸内細菌がおおいことがわかっています。

つまり、腸内細菌のバランスによっては肥満になる可能性が高くなるのです。

ある種の虫を宿主にしている腸内細菌は宿主の食事をコントロールをしている事例もあるようです。

ひょっとしたら腸内細菌のバランスによって人間の行動に影響を与えるかもしれませんね。