便秘薬と下剤の種類

便秘薬・下剤の種類

便秘になってしまったら真っ先に思うのが「そうだ、薬を飲もう」ではないでしょうか?

ただ、お医者さんが処方する薬にしろ薬局で自分で買うにしろ自分の便秘の種類に有効な便秘薬を選ばなければなりません。

でも、便秘薬の種類はたくさんあり便秘の種類との組み合わせによって、「これは使わない方が良い」というものがあるので知識として持っておいた方が良いでしょう。

便秘薬・下剤には、その成分と効果により刺激性下剤と機械性下剤に分類されます。

刺激性下剤は腸に刺激を与えることでぜんどう運動を引き起こす効果があり、機会性下剤は、便の水分を増やして排便を容易にする効果があります。

刺激性下剤

腸に刺激を与えぜん動運動をさせる効果がある刺激性下剤には、大腸を刺激するものと、小腸を刺激するものがありますが大腸刺激性下剤の方が一般的です。

大腸を刺激性する成分には下記の種類があります。

アントラキノン

センナ(漢方の大黄)、アロエなどの植物から抽出したセンノシドから作られる薬です。

アントラキノンという成分の効果は、大腸の粘膜を刺激しぜんどう運動を促す機能があり、効果は強力で、頑固な便秘の方でも便がでます。

長期の服用で大腸メラノーシスという症状になりやすく、これは腸の活動を弱め、粘膜も黒ずみ、症状を悪化させます。

ジフェニルメタン

ジフェニルメタンは化学合成で作られた成分で、アントラキノン系よりも効き目が軽い半面、腹痛などが起きにくく、体への負担が少ないとされます。

市販の便秘薬にも多く利用されています。

機械性下剤

機械性下剤は、便を柔らかくし排便しやすい状態にすることで排便しやすくする薬です。

機械性下剤には、機能から下記のように分類することができます。

膨張性下剤

この薬は水分と一緒に服用すると腸内の水分を吸収し膨張するため便の量が増え大腸が刺激されることで排便が促されます。

湿潤性下剤

湿潤性下剤は界面活性剤によって便をやわらかくし排出しやすくするものですが、効果があまり高くありません。

塩類下剤

腸内に浸透圧の高い物質を入れ大腸内の水分量を増やし、便に水分を入れやわらかくし排便しやすくするものです。

便秘薬・下剤の副作用

メリットがあればデメリットも有り、効果が高い物にはそれだけ副作用と言う形でデメリットがあります。

副作用は使用する薬により違うので頭に入れておくと良いでしょう。

便秘薬に共通している副作用は、腸への刺激からくる腹痛や吐き気、下痢、食欲不振などで不調が出た場合には服用を中止しましょう。

アントラキノンの副作用

アントラキノン系は、長期間の仕様で強い刺激に体制がつき次第に効き目が弱くなります。

効き目が無くなることで、量が増えて更に腸の力も弱まり更に便秘薬に頼ると言う悪循環になります。

刺激が強いため、子宮の収縮を誘発する可能性があるので、妊娠中の人は早産の危険性があるので控えなければいけません。

ジフェニルメタンの副作用

効果が少ない分、副作用は少ないとされますが、胃腸に異常がある人が使用した場合は、腸閉塞や虚血性大腸炎といった症状が出る可能性があるようです。

塩類下剤の副作用

成分がマグネシウムなので、体内に溜まりやすく過剰な摂取は腎臓に疾患を抱えている人は高マグネシウム血症になる可能性があります。

膨張性下剤の副作用

腸管が狭くなっている人は、腸閉塞の危険性があるので、注意しましょう。

便秘薬の使用は根本的な解決にはならない

便秘の原因になっている食生活や生活習慣などなので根本的な解決には生活習慣の改善や腸内環境の改善が必要です。

便秘薬で排便する場合は飲み続けなければならないのでこれは根本的解決にはならないので、自力で排便できるように腸の活力を取り戻さなければなりません。

下剤に頼らない!おすすめ善玉菌サプリメント

おすすめランキングバナー