腸内環境

人間の腸は他の臓器には見れらない特徴として、多くの神経が集中しています。

強いストレスが、心だけではなく身体症状としてお腹を下したりお腹の具合が悪くなるのはこのためです。

腸は自律神経により働いているので、自律神経に影響を与えるようなストレスは腸の働きにも影響を与えるのです。

また、腸は免疫とも非常に深いつながりがあり、免疫力の7割は腸管に集中しているとされます。

人間が幸せを感じるのはセロトニンと言うホルモンの影響を受けますが、このセロトニンの9割は腸管に存在しています。

腸内細菌

人間の腸の中にはたくさんの細菌がいて活動していますが、全てを含め、腸内細菌だけでも400種類以上いるといわれています。

そして、数にすると100兆以上の数が大腸の中にいるとされ重さも1kgちょっとあるといわれています。

この大腸の中にたくさんの腸内細菌がびっしりといる状態を腸内フローラと呼んでいます。

腸の中で一面、腸内細菌がお花畑のように広がっているというイメージをしてもらうとわかりやすいです。

実際には腸壁にびっしりと一面に腸内細菌がいるような状態になります。

細菌の中でも善玉菌と悪玉菌、そしてこのバランスによって活動内容が変わっていく日和見菌などで構成されている腸内フローラは善玉菌を優勢に保つこことによって良いバランスが保てます。

そして腸内フローラは私たちの体、つまり健康面にも大きな影響があるのです。

私たちの体に必要となるビタミンなども作り出してくれます。

また病気に対する免疫機能にも関係しているので、非常にありがたい働きをしてくれているという事になるのです。

腸内環境を悪化させる要因

健康を維持するために腸内環境のバランスは、さまざまな要因で悪化します。

偏った食事・食べ過ぎ・飲み過ぎ

高たんぱく・高脂肪の食事に偏ると、過剰のたんぱく質や脂肪がウェルシュ菌など栄養分となり有害菌が増加します。

ストレス・過労

過度のストレスや緊張、過労によって、胃や腸の働きが弱まったり、消化液や腸内分泌液の量が減り、腸内環境のバランスが悪化します。

細菌汚染

食中毒菌が飲食などで、腸内に侵入し増殖したり、毒素を産生したりすると、腸管粘膜が壊され、腸内環境は大きく乱れます。

加齢

加齢によりビフィズス菌が減少し、有害菌の代表であるウェルシュ菌が増え、ウェルシュ菌の増加により腸内腐敗をもたらし、老化や発がんを促進させます。

運動不足

運動不足で腹筋や腹圧が弱まると、便が長時間大腸に滞留し有害菌が増殖しやすい環境になります。

抗生物質などを服用した場合、抗生物質に弱い菌は死滅する一方、、耐性菌が異増殖して腸内環境が乱れます。

腸内環境改善

腸内フローラを良い状況に保つには食べ物などが重要になってきます。

肉や魚、卵などのグルタミン、オリーブオイルなどのオレイン酸、そして味噌やしょうゆ、漬物や日本酒などの発酵食品を含む植物性乳酸菌、野菜や果物、海草や豆類などの食物繊維とマグネシウムなどもバランスよく食べるようにすると良いです。

また、乳酸菌などはオリゴ糖などを餌にして活動しますのでオリゴ糖も積極的に摂る様にすると良くなります。

オリゴ糖は大豆製品や蜂蜜、たまねぎやキャベツといった野菜類にも含まれているのです。

腸内フローラが少しでも良い状態で活動してくれるように、普段からの食生活にも気をつけるようにしてみましょう。

おすすめランキングバナー

関連記事

食と免疫

食と免疫 食物を食べる行為はカラダを維持する上で重要な行為です。 これは栄養の摂取以外でも外敵から体を守る免疫にとり重要な役割があることがわかってきました。 単細胞動物は、栄養も異物も同時にからだの中に入れ、栄養物は利用・・・

腸内細菌と病気の予防

腸管には人体最大の免疫系 腸管は食物を消化、吸収しエネルギー源とする機能を持つ大切な器官ですが、免疫の関係性からみると腸管は人体で最も大規模な免疫器官とも言えます。 生物にとっての病原細菌やウイルスは口から侵入し腸管に達・・・

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを改善し健康に良い影響を与える腸内細菌のことです。 プロバイオティクスに分類される腸内細菌には乳酸菌やビフィズス菌があり人間の健康に役立つ微生物として広く知れれたいま・・・