プロバイオティクス

プロバイオティクスとは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを改善し健康に良い影響を与える腸内細菌のことです。

プロバイオティクスに分類される腸内細菌には乳酸菌やビフィズス菌があり人間の健康に役立つ微生物として広く知れれたいます。

プロバイオティクスとは

英語で生物のことを(biotics)バイオティクスと呼びます。

アンチバイオティクスという言葉があり抗生物質のことを英語でそう呼び、アンチとは反対すると言う意味があります。

プロバイオティクスは、アンチバイオティクスみたいに殺菌する事で健康を守るのではなく、有益な菌を摂取するため前向きなプロという言葉がつきます。

また、プレバイオティクスという言葉がありますが、これは腸内で善玉菌を増やすオリゴ糖などの物質を意味します。

プロバイオティクスは生きた菌が理想ですが、生きた菌を摂っても胃で死んでしまし、生きて腸に届いてもそこで増えるのでしょうか?

生きていなくても健康に良い影響を与えると考えられています。

プロバイオティクス菌体のもっている物質の中には我々のからだに良い作用をするものが含まれていて、たとえ菌が死んでもこれらが作用すると思われる。

大腸の中には1kgもの腸内細菌がおり、善玉菌を摂取する事で腸内環境をを改善できます。

これは、菌体中に含まれている物質の中に腸内フローラを整えるものがあるからです。

プロバイオティクス菌には色々な菌があり腸内細菌由来のものが多く、菌毎に人間にとっての効果が変わり、免疫系に対する作用では、ヒトの免疫遺伝型の違いによります。

プロバイオティクス菌が腸に到達すると、代謝物として乳酸などの有機酸を産生し、その有機酸は腸内を酸性に保つことから酸性の環境が苦手な病原菌の増殖を防いだり、病原体から身体を守る免疫システムを活性化させます。

旧来の細菌へのアプローチは抗生物質などアンチバイオティクスと呼ばれる排除する思想でしたが、現在では細菌を前向きに利用するプロバイオティクスと言う考え方が主流です。

プロバイオティクスは、アンチバイオティクス(抗生物質)の対義語で共生を意味するプロバイオシスを語源としています。

腸内細菌バランスを改善することによって人体の健康に好影響を与える生きた微生物を摂取する事を意味します。

プロバイオティクスに該当する細菌は、乳酸菌やビフィズス菌ですが、下記の条件を満たす腸内細菌はプロバイオティクスと考えます。

プロバイオティクスの条件

  • 安全性が保証されている
  • もともと宿主の腸内フローラの一員である
  • 胃液、胆汁などに耐えて生きたまま腸に到達できる
  • 下部消化管で増殖可能である
  • 宿主に対して明らかな有用効果を発揮できる
  • 食品などの形態で有効な菌数が維持できる
  • 安価かつ容易に取り扱える

このプロバイオティクスに期待できる効果としては、便秘や下痢などの解消、乳糖不耐症の低減、免疫機能の向上、アレルギーの抑制、がんなどの腫瘍の抑制などが期待できます。

ビフィズス菌・乳酸菌、オリゴ糖類、プロピオン酸菌発酵由来の成分が関与成分を含む食品がこれにあたります。

プレバイオティクス

プレバイオティクスは大腸内の善玉菌の増殖させる成分を指し、難消化性でとちゅうで分解吸収されずに大腸まで届き善玉菌のエサになる成分を指します。

プレバイオティクスの条件は下記の通りです。

  • 消化管で分解、吸収されない。
  • 大腸に共生する善玉菌の増殖を促進し、代謝を活性化する。
  • 大腸の腸内細菌叢を健康的な構成に保つ。
  • 宿主の健康に有益な全身的な効果を与える。

難消化性の成分は、オリゴ糖類や乳清発酵物、食物繊維などがこれにあたります。

プレバイオティクスの機能は、プロバイオティクスに準ずるもので、便通改善、抗脂血作用、インスリン抵抗性の改善、ミネラル吸収促進作用、尿中窒素低減作用、大腸がん・炎症性腸疾患の予防・改善、アレルギー抑制作用、腸管免疫の増強などになります。

プレバイオティクスは難消化性糖質であることから低カロリーで大腸での腸内細菌叢の変化に影響を与えます。

バイオジェニックス

食品には一次機能である栄養機能、二次機能である風味・嗜好機能、三次機能である疾病予防などの体調調節機能があります。

体調調節機能には、アレルギ-低減、免疫の活性化、高血圧、糖尿病予防、先天性代謝異常予防等などの予防と回復、体調リズムの調節、老化抑制などの作用が含まれます。

この体調調節機能をもった食品を機能性食品と呼び、プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックスの3つに分類されます。

プロバイオティクスは、生菌として摂取し、腸内フローラのバランスを改善し、健康に有利に働く細菌や酵母で、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、酪酸菌などの生菌や生菌を含む食品がこれにあたります。

プレバイオティクスは、腸内フローラのバランスを改善する難消化性食品成分で、オリゴ糖、食物繊維、などがこれにあたります。

バイオジェニックスは、腸内フローラを介することなく、直接生体に作用し、免疫賦活、コレステロール低下作用、血圧降下作用、整腸作用、抗腫瘍効果、抗血栓、造血作用などの生体調節、生体防御、疾病予防・回復、老化制御などに働く食品成分で、乳酸菌体ペプチド、乳酸菌生産生理活性ペプチド、植物フラボノイド、DHA、EPA、ビタミンA・C・E、β-カロチン、CPPなどの食品成分がこれにあたります。

シンバイオティクス

シンバイオティクスは、プロバイオティクスとプレバイオティクス両方を含む考え方です。

プロバイオティクスは腸内菌叢バランスの改善などの作用により人体に有益に働き、プレバイオティクスは腸内有用菌の増殖を促進したり、有害菌の増殖を抑制することにより人体に有益に作用を有するものですが、これを両方同時に摂取する事を新バイオティクスと呼びます。

プロバイオティクスの整腸作用

便秘や下痢などの原因の多くは、大腸になんらかの理由でダメージを受け便を送り出すぜん動運動がにぶることで便が出にくくなったり、逆に下痢になったりします。

プロバイオティクス菌が産生する乳酸は腸内で悪玉菌を抑制するとともに、腸で吸収されると大腸を活性化する事で便秘の改善につながります。

また悪玉菌が産生する便の悪臭や臭いおならの原因となる有害ガスの発生を抑えます。

プロバイオティクスの抗アレルギー作用

腸内細菌のバランスは生後一か月ほどでその人個人のバランスができるようで、これらの構成とアレルギーは密接にかかわっているとされます。

善玉菌が花粉症に効果があるとされていますが、プロバイオティクスに抗アレルギー作用があることは広く知られています。

プロバイオティクスとされる腸内細菌は、アレルギー患者は善玉菌菌が少く、抗生物質を服用して腸内細菌叢が破壊された子供の場合にアレルギー患者の出現率が高いことを持ってプロバイオティクスに抗アレルギー作用のあると考えられています。

プロバイオティクスの抗アレルギー作用

プロバイオティクスの抗アレルギー作用のメカニズムですがアレルギーの発症の仕組みから説明します。

免疫反応とは病原細菌や病原ウイルスが体内に侵入した場合に防ぎ仕組みですがアレルギーとは免疫反応が過剰に起こった状態を指します。

免疫反応が外敵である異物に対してではなく自分自身の器官・組織・細胞などに向って攻撃し炎症反応等を起こすのです。

免疫反応では、抗原提示細胞、T細胞、B細胞が、IgG、IgAなどの抗体と微量のIgE抗体をつくり出しますが、アレルギー反応は、同様の免疫反応が起こし通常の免疫反応の100~10000に達するほど高濃度で抗体つくられるます。

大量の抗体が表面に存在するマスト細胞と結合するとマスト細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどの炎症性物質が放出され、これがアレルギーの I 型反応と呼ばれこの反応によって炎症を起こすのです。

プロバイオティクスの場合は、まず抗原提示細胞に作用し、抗体の出現を抑え、アレルギーを抑えるのです。

実際に、小児アレルギー患者の腸内細菌群にはビフィズス菌や乳酸菌が少なく、患者にこれらの菌を与えることでアレルギーが低減されたと言う研究結果もあるそうです。

プロバイオティクスと免疫

プロバイオティクスは抗アレルギー作用に加えて免疫を活性化させる作用があります。

プロバイオティクスをヒトが経口的に摂取した場合、免疫細胞であるマクロファージや好中球に作用し、免疫系の自然免疫の活性化が行なわれるのです。

プロバイオティクスは、NK細胞の活性化させることも知られています。

NK細胞はがん細胞を抑制するがん予防になると期待されています。

プロバイオティクスとがん

高脂肪、高タンパク質、高カロリーの食事は大腸がんのリスクを高めることで知られています。

がんは遺伝性がある病気で知られていますが、環境によっても発病は左右されます。

腸内細菌でも悪玉菌とよばれる細菌群は、人間が食べた脂肪やたんぱく質を栄養にして、アミン、スカトールなどの有害物質をさんせいしますがそれら有害物質が大腸にダメージを与えます。

人間の発がん性は、遺伝的要因、食生活、生活習慣、生活環境などが複雑な要因がからむため、単純に腸内細菌の種類で決まるわけではありません。

ただ、マウスなどの動物実験ではプロバイオティクス菌を与えることでガンが抑制されたとする実験が各種存在します。

プロバイオティクスと感染予防

腸内細菌はお互いに栄養を奪い合ったり、自ら産生する物質で苦手な細菌の増殖を抑えたり排除する働きがあります。

プロバイオティクスとコレステロール

プロバイオティクス菌には、コレステロールの生成や吸収を抑制したり、コレステロールを低下させる働きをする種類があります。

コレステロールは肝臓から分泌される胆汁酸に含まれて排出されるので、コレステロール低下に有効な菌は胆汁酸に耐えられる菌である必要があります。