乳酸菌とは

乳酸菌とは

生物は外部から栄養分を取り込み代謝をしてエネルギーを取り出し活動をしています。

乳酸菌も同様に糖をとりこみ代謝をしてエネルギーを取り出していますが、代謝物として乳酸、酢酸などの有機酸を産生します。

乳酸菌とは、糖を分解し乳酸を産生する細菌の総称で、自然界に広く分布し哺乳類の腸内、牛乳や乳製品の中、植物の中にも存在しています。

乳酸菌の定義

  • 糖を分解して酸性する代謝物の50%以上が乳酸である
  • 形状は、棒状または円柱状の「桿菌」、球状の「球菌」である
  • グラム染色すると陽性反応を示す(青くなる)
  • 毒性物質を出さない
  • 酸素があっても生きられる通性嫌気性

乳酸菌のプロバイオティクス効果

従来の細菌へのアプローチは抗菌や殺菌などのアンチバイオティクスと呼ばれるものが中心でしたが、現在では有益な細菌は積極的な活用をするプロバイオティクスという考え方が中心です。

腸内には、人体に有益な善玉菌、有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌が共存しておりますがこの善玉菌を摂取して健康に役立てると言う考え方です。

これら善玉菌である、乳酸菌、ビフィズスやその菌を含む食品を摂取することをプロバイオティクスと呼びます。

プロバイオティクスの効果は、善玉菌が代謝により産生する有機酸と呼ばれるものが腸の中を酸性にし、悪玉菌を抑制し腸内環境を改善し、便秘や下痢の改善、免疫力アップ、アレルギー抑制などの効果が様々な研究で明らかになっています。

おすすめランキングバナー

関連記事

乳酸菌を含む食べ物

お腹の調子を整えるということで以前から乳酸菌飲料やヨーグルトなどで乳酸菌という言葉を知っている人は多いのですが、普段、私たちが食べている物には乳製品以外でも乳酸菌を含んでいる食べ物があります。 乳酸菌には動物性乳酸菌と植・・・

乳酸菌の種類

ヨーグルトなどを見てみるとそれぞれ違う乳酸菌を使っているのがわかると思います。 実際に乳酸菌というのはお腹の中で活動している善玉菌というイメージだとは思いますが、活動していく中で乳酸を作り出す役割がある細菌になります。 ・・・

乳酸菌の効果

お腹に良いといわれて乳酸菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を飲んでいる人もいると思いますが、お腹の調子だけ良くなると思っている人も多いようです。 乳酸菌は腸の調子を整えたり免疫を上げる効果を持っています。 乳酸菌の効果・・・

出典:乳酸菌の科学