乳酸菌とは

乳酸菌とは

生物は外部から栄養分を取り込み代謝をしてエネルギーを取り出し活動をしています。

乳酸菌も同様に糖をとりこみ代謝をしてエネルギーを取り出していますが、代謝物として乳酸、酢酸などの有機酸を産生します。
乳酸菌とは、糖を分解し乳酸を産生する細菌の総称で、自然界に広く分布し哺乳類の腸内、牛乳や乳製品の中、植物の中にも存在しています。

乳酸菌の定義

  • 糖を分解して酸性する代謝物の50%以上が乳酸である
  • 形状は、棒状または円柱状の「桿菌」、球状の「球菌」である
  • グラム染色すると陽性反応を示す(青くなる)
  • 毒性物質を出さない
  • 酸素があっても生きられる通性嫌気性

乳酸菌のプロバイオティクス効果

従来の細菌へのアプローチは抗菌や殺菌などのアンチバイオティクスと呼ばれるものが中心でしたが、現在では有益な細菌は積極的な活用をするプロバイオティクスという考え方が中心です。

腸内には、人体に有益な善玉菌、有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌が共存しておりますがこの善玉菌を摂取して健康に役立てると言う考え方です。

これら善玉菌である、乳酸菌、ビフィズスやその菌を含む食品を摂取することをプロバイオティクスと呼びます。

プロバイオティクスの効果は、善玉菌が代謝により産生する有機酸と呼ばれるものが腸の中を酸性にし、悪玉菌を抑制し腸内環境を改善し、便秘や下痢の改善、免疫力アップ、アレルギー抑制などの効果が様々な研究で明らかになっています。

乳酸菌の種類

乳酸菌の種類

ヨーグルトなどを見てみるとそれぞれ違う乳酸菌を使っているのがわかると思います。

実際に乳酸菌というのはお腹の中で活動している善玉菌というイメージだとは思いますが、活動していく中で乳酸を作り出す役割がある細菌になります。

ヨーグルトや乳製品、乳酸菌飲料にはもちろん入っていますが、発酵を利用した漬物などにも含まれています。

動物性の乳酸菌は牛乳由来のものが主になります。

ビフィズス菌をはじめヤクルト菌、LG21、コッカス菌、クレモリス菌、アセトバクター菌など、色々な種類がありますが、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどに含まれているのが動物性乳酸菌になるのです。

動物性の乳酸菌は単独での活動になりますので私たちの体の中に入った時に多くの菌が腸に到着する前に死滅してしまう特徴があります。

ですが、分解された後に腸に着いてから腸を刺激するという働きを持っています。

この腸の刺激のおかげで免疫機能が上がる効果も期待できますし、植物性乳酸菌の餌となってくれるので、定期的に取ることで腸内のバランスも保てるのです。

植物性の乳酸菌は植物由来になります。

動物性と違いブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖などとも関係していますし、塩分に対しても死滅しないという特徴があります。

発酵食品の味噌やしょうゆなども植物性の乳酸菌が含まれています。

他にも他の微生物が一緒でも生きていけますし、栄養状態が比較的悪くても死滅しません。

その為、発酵食品の一つとも言える漬物には多くの植物性乳酸菌が含まれているのです。

ラブレ菌は京都のすぐき漬けの中に含まれている乳酸菌で他の乳酸菌に比べると胃酸などにも強いので生きたまま腸に届く菌です。

他にもザワークラウトやキムチやザーサイなどといった世界的にも有名な漬物にも含まれているので知らない内に摂取している乳酸菌とも言えます。

どちらかを偏って取るよりかは動物性、植物性をそれぞれバランスよく摂取することでそれぞれ違う働きをして効率よく体の中で活動していってくれる菌になります。

胃酸に負けない乳酸菌とは

人は口から物を摂取すると口で噛み砕いて、胃酸で消化して腸で吸収するというのが消化吸収の大きな流れです。

胃では、胃酸と言うたいへん強力な酸(pH1~2)で食物を分解し消化しますが、同時にと食物と一緒に体内に入った雑菌の殺菌をしています。

肉片ほどの大きな塊をとかす酸なので、タンパク質でできている胃そのものを消化しそうでうが、胃酸から胃を守るために胃の内側の粘膜から「粘液」が分泌され、粘膜を粘液の薄いベールで守っています。

このように胃を通過する細菌やウィルスはこごとくこの強力な胃酸により死滅してしまうのですが、一部の腸内細菌はこの強力な胃酸でも死滅せずに腸まで届きます。

胃酸分泌の仕組み

胃液の成分

  • 胃酸(塩酸):食物繊維をやわらかくする。
  • ペプシノーゲン:胃酸によってタンパク質消化酵素であるペプシンに変化する。
  • 胃粘液:胃粘膜を保護する。

胃液の分泌をコントロールする器官

  • 脳相:見た目・におい・味の刺激により胃液の分泌をコントロール
  • 胃相:胃に食物が入ってきた反射刺激で胃液が分泌される
  • 腸相:胃から十二指腸に食物が送られると、胃液の分泌をストップ

胃酸が多く出る時間帯

胃酸が一番分泌される時間帯は、酸度の高い胃液が大量に分泌される食後1~2時間であるとされます。

胃酸に負けない乳酸菌はどれか?

では、健康の為に口から摂取する乳酸菌やビフィズス菌は全て胃酸で死んでしまうのかというとそうではありません。

以下の強い菌種はその独特な特性により胃酸にま負けず腸まで届きます。

有胞子乳酸菌

有胞子乳酸菌は、生存が不可能な過酷な環境では硬い殻に守られた胞子の中で過ごし、生存に適した腸まで到達すると胞子をから出て活動し始めます。

ですので、胃酸や熱などの過酷な腸内環境をくぐりぬけて腸まで到達して増殖する事が可能です。

植物性乳酸菌

乳由来の乳酸菌は比較的栄養豊富な環境で過ごしていますが、植物性乳酸菌が生存している環境は栄養価が少なく、塩分が強かったり酸が強かったりする環境なので、そのような環境で生きていける強い乳酸菌です。

ですので、人間の腸内でも死滅せずに生きて腸まで到達して元気に活動を始めます。

ビフィズス菌

もともとが動物の腸内に住んでいる細菌なので、人間の胃腸とも相性が良く、生きて腸まで届き活動する事が出来ます。

サプリメントを選ぶ時は、これらの胃酸に負けず腸まで届き、腸内のような細菌にとって過酷な環境でも生きていける強い菌種を選ぶと乳酸菌の効果を得られます。

乳酸菌と納豆菌の違いは?

納豆菌は、枯草菌(こそうきん)の一種で、日本産の稲のわら1本には、1000万個の納豆菌が芽胞の状態で付着しています。

納豆菌も枯草菌も毒性のないグラム陽性、胞子を形成するという性質があり増殖する環境に無い時は硬い胞子で自分を守り増殖し易い環境になると発芽して増殖します。

納豆菌の胞子は、適当な温度と水分と栄養がある環境下では、発芽し増殖します。

納豆菌は胞子の状態だと過酷な環境下でも死滅せず100℃で滅菌すると多くの細菌が死滅しますが、納豆菌は死滅しません。

高温に強いだけでなく低温にも強く、マイナス100℃でも死滅しません。

酸やアルカリにも強く、pH1.0からpH10.0の環境下では、生き延びることができる強い菌なのです。

乳酸菌との共通点は、乳酸菌も納豆菌も自然界に広く分布する細菌で、食品の加工に使用される点では同じです。

また、乳酸菌が産生する有機酸は体の免疫力を高める効果があり、納豆菌の産生するナットウキナーゼは血管の老化でできる血栓を溶解する効果があり、どちらも健康に良いことから人体に有益な細菌であることは同じです。

相違点としては、乳酸菌は食べることで健康に資すると言う研究データはあり証明されていますが、納豆菌のナットウキナーゼは口から食べて効果が出ると言うことは証明されていないようです。

妊娠中のお腹に良い乳酸菌はあるか?

乳酸菌の免疫効果については広く知られており、赤ちゃんに元気に育ってほしいお母さんは栄養に敏感になっているかもしれません。

ただ、お母さんが摂取した乳酸菌が赤ちゃんまで届くことはありません。

お母さんが食物から得た栄養は、胎盤を通して赤ちゃんへ送れれます。

胎盤は無数の血管の集まりで、絨毯の毛のような細かな血管が集まり、ここはお母さんの血液で満たされています。

酸素や栄養、老廃物の排出などは、この胎盤を通して血液によってなされるので血液によって運ばれない栄養素はおかあさんがいくら摂取しても赤ちゃんには渡されません。

ただ、逆に血流により運ばれてしまう有害物質などもあるので妊娠中の栄養は気をつけなければなりません。

腸内には、乳酸菌のようにお母さんの味方になる細菌も有れば、悪玉菌のようにインドール、スカトールなどの腐敗物質を生産する細菌も有るので気をつけましょう。

これら、有害物質は腸で吸収されると血流に乗り全身へ運ばれますが、胎盤を通して赤ちゃんにまで届いてしまう可能性があります。

乳酸菌はこれら有害物質を産生する悪玉菌を減らす働きがあるので、積極的に摂取すると良いでしょう。

関連記事

乳酸菌を含む食べ物|古来から乳製品の製造で発酵過程で利用されてきた

お腹の調子を整えるということで以前から乳酸菌飲料やヨーグルトなどで乳酸菌という言葉を知っている人は多いのですが、普段、私たちが食べている物には乳製品以外でも乳酸菌を含んでいる食べ物があります。 乳酸菌には動物性乳酸菌と植・・・

乳酸菌の効果|体内で産生される有機酸が体内で様々な効果を生む

お腹に良いといわれて乳酸菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を飲んでいる人もいると思いますが、お腹の調子だけ良くなると思っている人も多いようです。 乳酸菌は腸の調子を整えたり免疫を上げる効果を持っています。 乳酸菌の効果・・・