効果

お腹に良いといわれて乳酸菌が入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を飲んでいる人もいると思いますが、お腹の調子だけ良くなると思っている人も多いようです。

乳酸菌は腸の調子を整えたり免疫を上げる効果を持っています。

乳酸菌の効果といえばまず整腸作用があることです。

乳酸菌は名前にもある乳酸を発生させます。

この乳酸ですが、腸の中で酸性の状態を維持することが出来るのです。

腸内を酸性にしておくと腸の中で悪さをする悪玉菌が増えないようにしたり、悪玉菌を死滅させる事もあります。

つまり乳酸菌が腸の中に入っていくことによって悪玉菌が優勢な状態にならないようにしてくれるので善玉菌が多めにいる良い状態の腸になるようにサポートしてくれるのです。

もう一つ、乳酸菌による効果を期待したいのが免疫力を上げてくれるという効果です。

体の免疫効果は自分自身の力で病気などを治す力です。

免疫力が低下すると色々な病気になったりがんにもなりやすいというリスクがあります。

例えば乳酸菌が入ってくることによって腸内を刺激してインターフェロンαが発生するのですが、この物質がナチュラルキラー細胞を作ったり、抗ウイルス、抗がん効果を持っているのです。

他の乳酸菌でも腸内の環境を整えて善玉菌が多い良好な状態になるとサイトカインという免疫力を上げる物質が出てきます。

乳酸菌の摂取というのは腸の調子を整えるだけではなく、免疫も上げてくれるというありがたい存在です。

乳酸菌は体の中に入って来てくれる事で整腸効果も効果もありますし、免疫力を上げてくれる効果もあるのですが、体の中で長くいることは出来ません。

途中で死滅してしまったり、長時間いることが出来ずに排出されてしまうという特徴があるのです。

乳酸菌を摂取する時のポイントは続けて乳酸菌を摂るようにすると良いので食品から摂取したり、食品から摂取できない時はサプリメントなどを使うという方法で毎日続けられるようにしてみて下さい。

乳酸菌に副作用はあるか?

乳酸菌は、人間の体内に存在する常在菌なのでこれがなんらかの副作用を起こすことは考えられません。

乳酸菌飲料を飲んで下痢になる原因として考えられるのは、乳の中の乳糖という成分を分解できないことが原因で、下痢になっている可能性がございます。

乳糖とは母乳やミルクに含まれる糖の一種で、腸で乳糖分解酵素によりグルコースとガラクトースという吸収されやすい糖に分解されます。

しかし、乳糖を分解する酵素が不足していると乳糖が分解されず大腸に送られお腹を下し下痢となります。

乳糖を分解する酵素は乳児期には体内で十分につくられますが、成長して乳糖の摂取が減少するにしたがってつくられる量が減っていきます。

その結果、子供の時は平気だったのに成人して牛乳などの乳糖を含む食品を飲んだりすると下痢、腹痛をこす場合があるのです。

このように、乳が苦手だけど乳酸菌を摂取したい人は乳酸菌サプリメントなどを利用すると良いでしょう。

乳酸と乳酸菌は何が違うのか?

乳酸菌が代謝する有機酸は乳酸と呼ばれ、この乳酸を代謝物として産生する腸内細菌を乳酸菌と呼びます。

一方、人間の疲労物質には乳酸も有りますが、これは乳酸菌が産生する乳酸と同じです。

この人間の疲労物質としての乳酸は筋肉を構成する細胞が代謝をすることで産生された物質です。

乳酸は一時的に増加しますが、エネルギー源であるグリコーゲンを作るのに使われるため、減少していきます。

現在では疲労時に多く検出される乳酸は、疲労物質では無いと考えるのが一般的ですが、疲労の目安として使われる場合があります。

乳酸は疲労の原因ではなく、心臓を動かす唯一のエネルギー源である糖が体内で足りなくなった時の代用として使われたり、肝臓で新しいブドウ糖に変えられる体に無くてはならない物質であると認識されています。

関連記事

花粉症(免疫の過剰反応が鼻に出た場合の症状)

花粉症とは 春先になると過ごししやすい季節なのに憂鬱になる人もいますが、それは花粉症の季節でもあるからです。 最近、乳酸菌の摂取は花粉症の症状を抑える効果があるのではないかという研究が進んでいます。 人間の体には、細菌や・・・

アレルギー(免疫細胞のバランスが崩れた時に発症する)

アレルギーとは? 人間には外部から栄養を摂取することから、口を通して様々な病原菌が体内に侵入する危険があります。 危険があるからと言って、食べ物を食べないわけにはいきません。 これら外部から入る外敵や病原体を撃退する仕組・・・

便秘(便意を我慢、腸の活力の低下、ストレスによる自律神経の乱れが原因)

何日以上、便が出ないと便秘なのか具体的な基準はありませんが、3日以上排便がなければ便秘とするのが一般的です。 健康な人の場合、口から入った食物が消化・排便までにかかる時間は24時間が目安なので排便は1日1回が基本となりま・・・

アトピー(体を守るはずの免疫が過剰反応で皮膚に炎症を起こす)

アトピー性皮膚炎とは、かゆみの伴う湿疹が皮膚症状に出る病気で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。 アレルギー体質の人や、皮膚が弱くバリア機能が弱い人に多く発症がみられます。 症状は湿疹とかゆみが主な症状で、再発を繰・・・

おなら(臭いにおいは悪玉菌が発生させたお腹のガス)

乳酸菌はおならを減らすのか? おならが出る原因として、呼気や食事をする時に吸い込んだ空気がおならとして出る場合と腸内で悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が便を腐敗させて発生させるガスの2種類があります。 おならを減らしたい場合は、・・・

口臭(口の中で発生した臭いは雑菌が、内部から出るのは腸内の腐敗が原因)

口臭の原因 口臭と聞くと歯を磨いていなから口の雑菌が臭いを発しているかのように思われますが、口臭には様々な原因があります。 口臭の原因には大きく分けて、歯周病菌や虫歯によるもの、胃の病気からくるもの、腸内で発生したガスが・・・

体臭(表面的な臭いは細菌が、内面から出るのは腸内の腐敗ガスが原因)

体臭の原因 体臭の原因には、皮膚から出る分泌物を皮膚の表面に付着している雑菌が分解して発生したガスが臭うケースと腸内で悪玉菌が人間が食べた脂質やタンパク質を分解して発生したガスが吸収され血流に乗り皮膚から放出されるケース・・・

便の臭い(臭いの原因は大腸内での悪玉菌が腐敗させたことが原因)

普段の生活の中で、あまり便意ついて意識することは無いでしょう。 便の内容物は全てが食べかすであると考えがちですが実は違います。 健康な人の便の内容の内訳は、8割が水分で残りの2割は固形物になります。 固形物の内の3分の1・・・

むくみの原因は、体の血流が悪くなったことで起こる

むくみの原因は、体の血流が悪くなったことで起こる症状で、血液が滞留し易い部位で発生します。 血液が滞留すると細胞へ酸素や栄養分を送り老廃物を排出する役目をになっているものが低下するので、老廃物はどんどん溜まり体がむくみま・・・

乳酸菌の食品保存機能|生成された乳酸や酢酸が食品を産生に保ち雑菌の増殖を防ぐ

乳酸菌が病原菌や腐敗菌の増殖を抑制することは昔から知られており数々の食品に保存目的で使用されてきました。 これは、乳酸菌が活動する中で生成する抗菌性物質がその他の細菌の生育を妨げるのがそのメカニズムなのです。 この抗菌物・・・

乳酸菌の共生関係

食品としての乳酸菌利用の歴史は古く、伝統的な発酵食品は1000年から3000年に及ぶ長い歴史があり世界中に分布しています。 また、一般の食卓に並ぶチーズは8000年前にチグリス川とユーフラテス川に挟まれた地域で最初につく・・・