アレルギーって何?

アレルギーとは?

にゅうさん子にゅうさん子

たまごを食べたり牛乳を飲むと症状がでてしまうことでしょ?

博士博士

うん、それは食物アレルギーと言われる症状だね。

にゅうさん子にゅうさん子

アレルギーって特定の物を食べられないことなの?

博士博士

よし、今回はアレルギーについて解説しよう。

人間には外部から栄養を摂取することから、口を通して様々な病原菌が体内に侵入する危険があるよね。

にゅうさん子にゅうさん子

でも、危険があるからと言って、食べ物を食べないわけにはいかないでしょ?

博士博士

外部から入る外敵や病原体を撃退する仕組みを人間は持っており、その仕組みを免疫と言うんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

そのおかげで、病気にならずにすんでるわけね。

免疫は外部から入るもの全てに反応するわけではなく、ちゃんと有害なものと有益なものを判別して有害なものだけを排除する仕組みとなっててね。

博士博士

アレルギー反応とはまさにこの外敵を排除する反応なんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

でも、牛乳や卵は体に良いものでしょ?

博士博士

そうなんだ、アレルギーとは免疫が過剰反応をして本来無害なものに対して免疫が過剰に反応して排除しようとしている反応を指すんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

えー、体に良いものや問題無いものまでバリアーしちゃうのね。

博士博士

この免疫の過剰反応により症状として、くしゃみや涙、炎症、発熱などを起こすようになるんだよ。

この過剰反応が鼻や目に出ると花粉症になり、肌に出るとアトピーと言うんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

そういえば、友達の子供がねアレルギーだったって。

博士博士

うん、アレルギー疾患の患者は増加傾向にあり、特に子供は特に目立って増えているんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

そういえば、今までは春先で周りの花粉症の人が騒ぎ出しても私は何でもなかったのに、今年はくしゃみは鼻水がとまらなかったの。

博士博士

うん、日本で花粉症の人は25%いると言われ、アトピー性皮膚炎でも大人になると症状が治まるのが普通だったんだけど、幼児期に発症し大人になっても症状が治まらない人がおおくなっているようだね。

にゅうさん子にゅうさん子

どうして、こんなにアレルギーの人が増えたのか教えて?

博士博士

原因は諸説あるけど代表的な5つの症状について解説しよう。

アレルギーの原因は?

博士博士

まずは、衛生仮説と言われるものがあってね、昔と違って現代は衛生環境が向上し身の回りに、細菌感染や寄生虫感染が減ったよね。

昔は幼児期にこれらのものに感染することで免疫機能が発達して、アレルギー発生のリスクを低減させていたという説があるね。

にゅうさん子にゅうさん子

つまりは、キレイになりすぎたってこと?

博士博士

ただ、不潔にすればアレルギーを予防できるわけではないし、免疫異常を引き起こす要因はたくさんあるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

例えばどんなものがあるの?

博士博士

食生活が豊かになり、動物性脂肪や動物性たんぱく質を多く食べるようになり、アレルギーに良くないアラキドン酸を摂取するようになったり、食品添加物もアレルギーの遠因になっているのではないかという仮説もあるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

食べ物は毎日の物だから気を付けないとね

博士博士

次に遺伝とアレルギーという説があり、両親にアレルギー疾患がある場合は子供が発症する割合は多くなるね。

子供のアレルギー疾患は親からの遺伝と外的要因が加わり発症すると言われているね。

にゅうさん子にゅうさん子

親がアレルギーの場合は要注意ね

博士博士

その他、大気汚染や黄砂、化学物質、ストレスが要因になりアレルギーを引き起こすケースが知られているね。

免疫の過剰反応を引き起こす原因

にゅうさん子にゅうさん子

ところで、博士はさっきアレルギーは免疫の過剰反応と言ったけど、どのようなメカニズムでそのエラーを起こすの?

博士博士

アレルギーの原因となる物質をアレルゲンとか抗原と言うんだ。

このアレルゲンには、花粉、ダニ、ハウスダスト、食物、などがあり、身近に普通に存在しているんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

どのアレルゲンに反応するかはひとそれぞれってことね?

博士博士

そうだね、それでアレルゲンが体内に入ると、免疫機能が作動してこの異物を攻撃するためにIge抗体と言うタンパク質を生成し外敵を攻撃するんだ。

このIge抗体は皮膚や粘膜のマスト細胞と呼ばれる細胞に張り巡らせれていて、再びアレルゲンが侵入するとこの抗体に触れて結合すると、マスト細胞の中のヒスタミンと呼ばれる化学物質が体内に放出され、かゆみなどの症状としてあらわれるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

つまりは、外敵を攻撃する反応が間違って出てしまうってことね

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

にゅうさん子にゅうさん子

ところで、アレルギー反応ってすぐに出るの?

博士博士

アレルギーには即時型と遅延型があり、ほとんどは即時型と呼ばれるものなんだ。

即時型アレルギーは、アレルゲンが体内に入ってから1時間後、遅くとも4時間以内みられ、じんましんや紅斑(皮膚が赤くなること)、浮腫(むくみ)、咳・喘息発作、嘔吐・腹痛・下痢などが見られるんだよ。

血圧が下がって意識が遠のいてしまうアナフィラキシーショックが、一番重い症状とされるね。

遅延型は、アレルゲンが体内に入ってから翌日や二日後に出るものを指すね。

にゅうさん子にゅうさん子

花粉症はどうなんだろ?

博士博士

花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などの他、食物アレルギーも主に、この即時型に分類されるよ。

アレルギーの症状

症状が出る場所症状アレルゲン
皮膚症状皮膚の乾燥・皮膚の痒み・じんましん・発疹食物(例:卵、牛乳、魚、小麦、ピーナッツ、大豆およびへーゼルナッツ)
イエダニ
ペット(例:ネコ、イヌ、モルモット、ウサギ)
鼻の症状鼻詰まり・口に依存した呼吸・鼻の痒み・喉の痒み・鼻水・くしゃみ・口や気道のはれ・涙目花粉(例:樹木、雑草およびイネ科植物)
イエダニ
ゴキブリやガ
ペット(例:ネコ、イヌ、モルモット、ウサギ)
その他の動物(例:ウマおよび鳥類)、カビ
眼の症状眼の痒み・充血および眼瞼の腫脹・涙目花粉(例:樹木、雑草およびイネ科植物)
イエダニ
ゴキブリたガ
ペット(例:ネコ、イヌ、モルモット、ウサギ)
その他の動物(例:ウマおよび鳥類)、カビ
消化器症状下痢・腹痛・吐き気および嘔吐・体重の減少
牛乳
魚、甲殻類
小麦
大豆
ピーナッツ
ヘーゼルナッツおよび他の木の実
果物および野菜
喘息咳・息切れ・喘鳴および笛声喘鳴花粉(例:樹木、雑草およびイネ科植物)
イエダニ
ゴキブリ
その他の動物(例:ウマおよび鳥類)
食品

乳酸菌サプリはアレルギーを抑えるのか?

にゅうさん子にゅうさん子

それで、アレルギーに乳酸菌はどのように関係しているの?

博士博士

生物は栄養を外部から摂り分解吸収する事でエネルギーを摂取する事で生命を維持していてこれを代謝と言いうんだけど。

乳酸菌も生命として代謝活動をしていて、代謝により有機酸と呼ばれる乳酸や酢酸などの単鎖脂肪酸を腸内で生成してるんだ。

アレルギーの原因は、免疫細胞であるTh1とTh2という細胞のバランスが崩れた時に起きるんだけど、

実は、乳酸菌が産生した有機酸にはこれら免疫細胞のバランスを調整しアレルギーの抑制をする働きがあるんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

じゃあ、乳酸菌とることはプラスになるってことね。

博士博士

しかし、生きた乳酸菌が腸内で有機酸を産生する事でこの効果が得られるんだ。

だから、乳酸菌サプリを選ぶ時は生きた乳酸菌原料を使用している物を選び、胃酸や熱に負けない強い乳酸菌を含むサプリメントを選ばなければならないと意味が無いよ。