アトピー

にゅうさん子にゅうさん子

博士アトピーって肌がかゆくなる病気のことでしょ?

博士博士

アトピー性皮膚炎とは、かゆみの伴う湿疹が皮膚症状に出る病気で、良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚の病気だよ。

にゅうさん子にゅうさん子

どんな人が病気になるの?

博士博士

アレルギー体質の人や、皮膚が弱くバリア機能が弱い人に多く発症がみられるね。

にゅうさん子にゅうさん子

どんな症状が出るのかしら?

博士博士

症状は湿疹とかゆみが主な症状で、再発を繰り返し治りにくく症状が慢性化するんだ。

これらの症状は、皮膚に赤みが出て患部がじゅくじゅくし、長引くと硬くなり盛り上がりとても不快な症状だよ。

にゅうさん子にゅうさん子

体のどの個所に症状がでるのかな?

博士博士

症状が出る部位は、顔だと額、目の周り、口の周り、耳の周り、首の周り、わき、手足の関節の内側が多いね。

にゅうさん子にゅうさん子

親がアトピーだったら子供もなりやすいの?

博士博士

アレルギーを起こしやすい人は、家族にアレルギー体質の方がいて、その体質が遺伝してアレルギーを起こすことが多いね。

にゅうさん子にゅうさん子

なんでかゆくなってしまうの?

博士博士

皮膚には、皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などが体を守るバリア機能として働いており、外からの異物の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいるんだ。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚のバリア機能が弱まり、外部からの異物や雑菌が皮膚の中へ侵入しやすくなり、かゆみがあるため、皮膚を引っかいてしまうことで雑菌が入り更に症状を悪化させてしまうんだよ。

博士博士

アトピーの原因って何かあるの?

原因についてはまだ解明されていないことが多いんだけど、皮膚のバリア機能が低下した乾燥状態に、アレルゲンの侵入(ダニ・ほこり・食べ物など)やストレスなどの多様な環境的要因が重なって起こると考えられてるよ。

アトピーの時に起こる炎症は、免疫本来の働きとしては外から侵入してきた異物や病原体を排除しようとする反応で細菌やウイルスなどから人体を守るためにある人間の本来ある防衛機能なんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

つまり、免疫の過剰反応が原因でアトピーになり、皮膚のバリア機能の低下が症状を悪化させるってことね。

にゅうさん子にゅうさん子

では、何故免疫機能が暴走しちゃうんだろう?

博士博士

何故、免疫が過剰に反応するかというと、原因の一つに免疫細胞であるTh1とTh2のバランスの崩れが原因であると様々な研究で明らかになってるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

何か抑制する方法はあるのかな?

博士博士

直接的にはアレルゲンを生活空間から排除する、間接的には免疫の過剰反応を抑えることだね。

にゅうさん子にゅうさん子

どうゆうこと?

博士博士

ハウスダストや食べ物など、原因は人それぞれだけど、アレルゲンとなる物質、ダニ、ダニの死骸、ペットの毛やフケ、チリ、ほこり、カビ、花粉などを除去する努力が必要だよ。

具体的には、こまめな掃除と換気、寝具やカーペットのお手入れを欠かさないことだね。

にゅうさん子にゅうさん子

免疫の過剰反応を抑える方法はあるの?

博士博士

乳酸菌が腸内で産生する乳酸や酢酸は、これら免疫細胞のバランスを改善しアレルギーを低減させることから乳酸菌のこの効果が注目を集めてるよ。

にゅうさん子にゅうさん子

乳酸菌をとれば良いのね?

博士博士

死んだ乳酸菌や腸まで届かない乳酸菌では腸内でこれら有機酸を生産できないため、腸まで届く強い乳酸菌を選ぶようにすると良いね。