花粉症

花粉症とは

にゅうさん子にゅうさん子

春先になると過ごししやすい季節なのに憂鬱になる人もいいるけど、花粉症の季節だからかな。

博士博士

そんな人に朗報なんだけど、乳酸菌の摂取は花粉症の症状を抑える効果があるのではないかという研究が進んでるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

ところで、花粉症ってどのようなものなんですか?

博士博士

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれているんだ。

日本人の約25%が花粉症だといわれているポピュラーな症状なんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

えーそんなに多く?4人に一人が花粉症ってことですよね?

博士博士

そうだね。

原因となる花粉の飛ぶ季節になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまりだけでなく、目のかゆみ、涙、充血などを伴う場合が多く、のどのかゆみ、皮膚のかゆみなどの症状が現れることもあるやっかいなものなんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

確かに春先などになるとマスクをしてつらそうな人をみかけるもんね。

ところで、どのようなプロセスで花粉が体に症状を起こさせるんですか?

博士博士

では花粉症の発症まで体に何が起こっているかを解説しよう。

人間の体には、細菌やウイルスなどの異物が体内った時に、体外へ排除しようとするシステムがありこれを免疫と言うんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

外部から体内へ異物が侵入した時に起こる反応のことね

博士博士

そう、花粉は人体には無害なんだけど、免疫が花粉という異物(アレルゲン)が侵入し、それを体内から排除しようと判断すると、体はこれと反応する物質をつくりそれをIgE抗体と呼ぶんだ。

抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合し、肥満細胞から化学物質(ヒスタミン)が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうと反応がはじまるのさ。

その反応が、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状がとなるんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

つまり、花粉症は、免疫システムが過剰反応することで現れる症状ってことね。

そうなんだ、これら過剰反応による症状を抑える要素が乳酸菌であることが最近の研究でわかってきたことが朗報というわけさ。

免疫のメカニズム

にゅうさん子にゅうさん子

乳酸菌との免疫ってあまり関係なさそうだけど

博士博士

免疫の仕組みとはいったいどのようなものなのかから解説しよう。

免疫システムの中には、システム全体を制御するヘルパーT細胞というリンパ球があり、各器官に指令を出してるんだ。

この細胞には1型(Th1)と2型(Th2)の2種類あり、片方が増えるともう片方が減るという特徴があり、Th2が産生するインターロイキン4と呼ばれる化学伝達物質は、IgE抗体の産生を促すのさ。

花粉症の人は、Th2がTh1より増えている事が研究でわかったおり乳酸菌にはTh2の増殖を抑える働きがあるんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

つまりは、免疫細胞の増減をアレルギーを起こさないように調整するってことね。

博士博士

そう。

乳酸菌を含む食品をたくさん食べることで、以上説明したメカニズムによりIgE抗体が減り、花粉症の症状が軽減することが期待されてるんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

では、つらそうにしている人に教えてあげなくちゃ

博士博士

だけどね、アレルギーの症状が出てからだと効果は低いとされ、スギ・ヒノキの花粉が飛び始める3カ月前ぐらいから乳酸菌を含んだ食品を毎日摂取するとよいとされてるよ。

花粉症に良い食べ物

にゅうさん子にゅうさん子

乳酸菌以外には何か有効な食べ物はあるんですか?

博士博士

花粉症の4症状は、軽いものだと目や鼻のかゆみで、重くなるとくしゃみ、鼻水などで、症状はIgE抗体がマスト細胞という細胞に吸着しすることでヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学物質を産生するんだけど。

サバやイワシなどの青魚には、ロイコトリエンの産出を抑えると言われてるんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

花粉症対策を考えると、魚中心の食生活に切り替えたほうが良さそうですね。

博士博士

善玉菌はTh1細胞を活性化させる働きを持つので、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスの改善が期待できるので、やはり乳酸菌などの善玉菌を含む食品を食べられると良いよ。