体臭

体臭の原因

体臭の原因には、皮膚から出る分泌物を皮膚の表面に付着している雑菌が分解して発生したガスが臭うケースと腸内で悪玉菌が人間が食べた脂質やタンパク質を分解して発生したガスが吸収され血流に乗り皮膚から放出されるケースです。

皮膚表面から臭い体臭

人間がかいた汗を皮膚の上の雑菌がエサとして増殖し代謝物として発生したガスが臭いを発します。

皮膚には皮脂を分泌する皮脂腺と、汗を分泌する汗腺があり、皮脂は皮膚に潤いを与え保護する為に分泌され、汗は体温を調節する為に分泌されます。

皮膚には目に見えませんが多くの細菌が付着しており、これら雑菌が皮膚からでる分泌物を栄養源にしています。

皮脂や汗は、分泌されても無臭なのですが、時間の経過とともにこれら雑菌が成分を分解し臭いを発するガスを発生させます。

これら体の表面の雑菌が出す臭いの場合は、体をよく洗い清潔に保つことである程度の臭いは防げます。

腸内で発生したガスが皮膚から出る体臭

雑菌は体表だけではなく腸内にも存在します。

腸内には人間の腸内を生存圏にしている細菌群があり腸内細菌と言います。

便が排出される時、その三分の一はこの腸内細菌であるとされ膨大な数の腸内細菌がいます。

腸内細菌には人間の健康にプラスな作用を及ぼす善玉菌と、マイナスな作用を及ぼす悪玉菌がいますが、この悪玉菌と呼ばれる細菌は人間が食べた食べカスの中に含まれる脂質やタンパク質を分解し、有毒ガスを生成します。

これら悪玉菌が生成した有毒なガスは腸から吸収されると血流に乗り全身へ運ばれ、皮膚から排出されると悪臭を放つ体臭となります。

腸内細菌でも善玉菌の方は、人間が食べ消化しきれなかった食物繊維やオリゴ糖をエネルギー源として乳酸、酢酸、酪酸などの有機酸を生成します。

これら有機酸は腸内を酸性にすることから酸性の環境では増殖でき無い悪玉菌を減少させます。

ですので、腸内で発生したガスが皮膚から排出されているケースでは善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌を摂取することが有効です。

おすすめランキングバナー