花粉症

花粉症とは

春先になると過ごししやすい季節なのに憂鬱になる人もいますが、それは花粉症の季節でもあるからです。

最近、乳酸菌の摂取は花粉症の症状を抑える効果があるのではないかという研究が進んでいます。

人間の体には、細菌やウイルスなどの異物が体内った時に、体外へ排除しようとするシステムがありこれを免疫と言います。

花粉症は、この免疫システムが過剰反応することで現れる症状です。

花粉とは本来人体に有害ではないのですが、免疫の防御システムが過剰反応をしてこれを異物と認識し体内でIgE抗体が作られ、排除することででた反応が症状として出ます。

これら過剰反応による症状を抑える要素が腸内細菌であることが最近の研究でわかってきました。

免疫のメカニズム

人間の身体を守る免疫が原因であることはわかりましたが免疫の仕組みとはいったいどのようなものなのでしょうか?

免疫システムの中には、システム全体を制御するヘルパーT細胞というリンパ球があり、各器官に指令を出しています。

この細胞には1型(Th1)と2型(Th2)の2種類あり、片方が増えるともう片方が減るという特徴があります。

Th2が産生するインターロイキン4と呼ばれる化学伝達物質は、IgE抗体の産生を促します。

花粉症の人は、Th2がTh1より増えている事が研究でわかったおり乳酸菌にはTh2の増殖を抑える働きがあるのです。

乳酸菌を含む食品をたくさん食べることで、以上のメカニズムによりIgE抗体が減り、花粉症の症状が軽減することが期待されます。

また、花粉などのアレルゲンは、ほとんどが口から胃腸を経由して体内に侵入します。

腸内の環境が善玉菌が多い状態だと、腸内免疫の働きでこれらアレルゲンの体内への取り込みがブロックされるのです。

アレルギーの症状が出てからだと効果は低いとされ、スギ・ヒノキの花粉が飛び始める3カ月前ぐらいから乳酸菌を含んだ食品を毎日摂取するとよいとされます。

花粉症に良い食べ物

花粉症の4症状は、軽いものだと目や鼻のかゆみで、重くなるとくしゃみ、鼻水などで、症状は、IgE抗体がマスト細胞という細胞に吸着し、ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学物質を多く産生するためです。

花粉症に良いとされる食材はサバやイワシなどの青魚とされ、ロイコトリエンの産出を抑えることがわかっております。

花粉症対策を考えると、魚中心の食生活に切り替えたほうがよさそうです。

善玉菌はTh1細胞を活性化させる働きを持つので、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスの改善が期待できるので、善玉菌を含む食品を食べられると良いでしょう。