便のにおい

普段の生活の中で、あまり便意ついて意識することは無いでしょう。

便の内容物は全てが食べかすであると考えがちですが実は違います。

健康な人の便の内容の内訳は、8割が水分で残りの2割は固形物になります。

固形物の内の3分の1が消化されなかった食べ物、3分の1が腸内細菌、3分の1がはがれた腸粘膜で1gの便には、約1兆個の腸内細菌が含まれているとされます。

健康な便と葉は、量や形状はバナナ1個から2個分で、色は黄土色で臭いはあまり臭くありません。

さて、食物が便になるまでの経路ですが、口から入った食物は食道、胃を通り分解され、小腸で栄養分を吸収し大腸で便の準備をします。

小腸は栄養を吸収するだけではなく人体の免疫機能を担っており、小腸から大腸にかけて多くの腸内細菌が存在しています。

大腸では排出する前の便が溜まっているところで、ここに一番多くの腸内細菌が集中して住んでおり、種類は1000種類以上、その数は600~1000兆個とされます。

腸内細菌には人体に有益な善玉菌と、有害な悪玉菌がいますがこの滞留した便をエネルギー源にして悪玉菌は増殖して便を腐敗させます。

健康な成人の腸内環境バランスは、善玉菌20% 悪玉菌10% 日和見菌70%健康な人であれば、善玉菌20%、悪玉菌10%のバランスになっています。

残りの70%は日和見菌といい良い働きも悪い働きもする菌で善玉菌が優勢だと良い働きをしますが、悪玉菌が優勢になると悪さをします。

善玉菌には、ビフィズス菌、乳酸菌があり腸内細菌の比率はビフィズス菌が乳酸菌の約1千倍多く、ビフィズス菌は酸素があると生きられませんが、乳酸菌は生きられる、という違いがあります。

悪玉菌には、クロストリジウム属のウェルシュ菌があり腸内にある便を腐敗させて、硫化水素やアンモニア、インドール、スカトールなどのガスを発生させます。

便が臭いのはこの悪玉菌が発生させるガスが原因で、悪玉菌を抑制する事でこのガスも抑制する事が可能です。

便の臭いを抑える方法

臭いの原因物質を発生させる悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす事で腸内環境を改善させることが大切です。

プロバイオティクスとは、人体に有益な細菌を摂取する事ですが、併せて善玉菌を増やすプレバイオティクスと呼ばれる善玉菌を増やす栄養素であるオリゴ糖や食物繊維を摂取すると良いでしょう。

おすすめランキングバナー