おなら

乳酸菌はおならを減らすのか?

おならが出る原因として、呼気や食事をする時に吸い込んだ空気がおならとして出る場合と腸内で悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が便を腐敗させて発生させるガスの2種類があります。

おならを減らしたい場合は、吸い込んだ空気を減らす場合は食事の仕方を変えれば減らせますが、悪玉菌が発生させるガスを減らしたい場合は腸内細菌のバランスを改善させなければなりません。

腸内には細菌が住んでおり人間と共存関係にありますが、人体に有益な善玉菌、人体に有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌のように分類されています。

善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌のように代謝物が人間の健康に良い細菌群です。

悪玉菌は、ウェルシュ菌、腸球菌などの細菌でこれらは腐敗物質を腸で発生させ人間の健康に有害です。

日和見菌は、通常は無害な存在ですが悪玉菌が優勢になると悪玉菌に味方するちょっとやっかいな細菌です。

悪玉菌の栄養源は人間が食べた脂質やタンパク質でこれらを分解するとインドール・スカトール・硫化水素などの有害なガスを腸内で発生させます。

また、便が長時間大腸に滞留するとそれらを腐敗させ様々なガスを発生させます。

食事などで食べ物と一緒に入った空気がおならとして出る場合はほとんど無臭ですが、これら悪玉菌が発生させたガスは強い刺激臭で臭いおならがでます。

これらおならを臭くさせるガスを発生させる悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌が発生させる有機酸と呼ばれる物質は腸内を酸性に保つため、酸性の環境が苦手な悪玉菌は減少します。

善玉菌を増やすには腸まで届く強い善玉菌でなくてはならないので、胃酸や熱に負けない有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌などの強い菌を含むサプリメントを選ぶと良いでしょう。

おすすめランキングバナー