お腹の調子を整えるということで以前から乳酸菌飲料やヨーグルトなどで乳酸菌という言葉を知っている人は多いのですが、普段、私たちが食べている物には乳製品以外でも乳酸菌を含んでいる食べ物があります。

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌は主に乳製品です。

チーズ

最初にご紹介している乳酸菌飲料やヨーグルト、チーズなどが当てはまります。

乳製品にしか乳酸菌が入っていないと思っている人が多いのですが、植物性乳酸菌は色々な食べ物に含まれているのです。

植物性乳酸菌は発酵食品に多く含まれています。

漬物

日本ならではの発酵食品はたくさんあり味噌や納豆、しょうゆ、日本酒、漬物などです。

普段から調味料として使用していますし、漬物などは食事の度に食べる機会も多い食品になります。

他にも海外の食品でも植物性の乳酸菌を豊富に含む食品があります。

韓国のキムチは乳酸菌が豊富なので漬け汁も料理に使うとたくさん摂取出来ます。

他には中国のザーサイやインドネシアのテンペ、カレーなどに使われるチャツネ、ドイツのザワークラウトなどです。

いずれも発酵食品だということがわかります。

ここ最近の日本の食卓は肉中心で欧米化されている食事内容が増えてきています。

欧米化の食事により乳製品は多く摂るようになってきていますが味噌汁や漬物などを食べるような和食中心の食事は少なくなってきているようです。

実際に乳製品などの乳酸菌は酸などに弱いので腸までに届く前に多くの菌が死んでしまいます。

一方、植物性の乳酸菌の場合、酸にも強いので生きたまま腸に届く特徴があります。

腸内環境を善玉菌で増やしたいという場合、動物性と植物性の乳酸菌を含む食品をバランスよく食べるようにするのがポイントです。

朝に乳製品を摂って夜には和食にして味噌やしょうゆ、納豆や漬物などを食べるという風にしてみるなど、普段の食事から乳酸菌を取り入れて腸内環境を良くしていきましょう。

発酵食品の歴史

発酵食品の歴史

乳酸菌や腸内環境について色々と知っていくうちに植物性乳酸菌の存在が気になってきた人もいるのではないでしょうか。

植物性乳酸菌は酸や塩分にも強い為、生きたまま腸に届いて活動してくれます。

この植物性乳酸菌を多く含んでいるのが発酵食品です。

微生物の力を利用して食品を加工している方法になります。

発酵食品というのは昔から作られており、古いものでは8000年ぐらい前からワインが作られていたともいわれています。
また4000年前から6000年前ぐらいの時期には遊牧民がミルクを持ち歩いていたところ固まって発酵していたという話もあるのです。

つまりは紀元前から発酵食品というのは存在していたと考えられます。

発酵する菌自体が食品の腐敗を防いでくれる働きがあるので常温の状態でも保存性が高いということで利用されてきました。

私たちの食生活では発酵食品といえば味噌やしょうゆ、お酢、漬物、納豆などが当てはまります。

日本は他の国と比べると発酵食品が多くある国です。

日本でも発酵に関する歴史は古くからあり、縄文時代から酒が作られていといわれています。

縄文時代の発酵方法は変わっており、雑穀などを口で噛んで消化酵素を混ぜ、ブドウ糖に変化させてから空気中にある酵母と混ざって発酵をするという方法だったそうです。

弥生時代ぐらいまではこの発酵方法だったのですが、米にたまたま麹菌が発生したことがきっかけで、麹菌を利用した発酵食品が増えていくようになりました。

後から味噌やしょうゆの元となる醤も中国から伝わってきて、後に味噌やしょうゆ、お酢、酒なども登場してきており、江戸時代には麹を利用した甘酒なども出ています。

また、漬物に関しては大和時代から塩を使って保存するという方法もとられているのでこのあたりから漬物の歴史があるのです。

このように見てみると日本は発酵食品をうまいこと作ってきた国だともいえます。

腸内の環境を整え、健康にもつながる発酵食品、毎日の食生活に取り入れて健康を維持していけるようにしたいものです。

ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは免疫力を高めるか?

ヨーグルトは古くから健康食として知られ、ギリシアの歴史家や古代エジプトの文献にも度々登場します。

当時からヨーグルトを食べることで便通が良くなったり、体調が良くなる薬のような存在として扱われました。

ヨーグルトが学術的に研究され始めたのは20世紀初頭のロシアの歴史家メチニコフのヨーグルト不良長寿説の論文がきっかけです。

これはメチニコフが東欧のある国には長寿の人間が多く、その地域で普段より食べられているヨーグルトが長寿に関係があるとして調べはじめたのがきっかけでした。

ヨーグルトには腸内環境を整える作用があり、腸は人間の最大の免疫器官であることから免疫力が向上すると考えられています。

腸内には、100腸個もの腸内細菌が存在し人体に有益な善玉菌、人体に有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌など様々な種類の細菌が住んでいます。

中でも善玉菌が増えると、その生成物質が免疫を刺激しサイトカインと呼ばれる免疫活性物質の分泌が促されリンパ球が活性化することから免疫が向上します。

善玉菌とは、乳酸菌やビフィズス菌で乳由来の発酵食品に多く含まれ中でもヨーグルトは特に多く含まれます。

免疫力とは

人間には健康を維持するために外部からの異物を排除する仕組みがあり免疫と言います。

免疫には、種類があり生まれた時から持っている自然免疫と、感染などを通じて得られる獲得免疫があり、一度かかった病気にはなりにくいのはこの免疫に働きによります。

免疫は腸内の免疫機能が役割が大きく、体内で発生するがん細胞や外部から侵入するウイルスなど、有害なものを排除します。

免疫機能の中で、外敵を攻撃する働きをするのが、NK(ナチュラルキラー)細胞で、リンパ球の1つで血液中に存在し常に身体に悪いものがないか血流を通して体内を巡回しています。

1日に3000~5000個の細胞ががん化していますが初期のがん細胞やインフルエンザなどのウイルスに感染した細胞を察知するとそれを排除する役目をするのがNK(ナチュラルキラー)細胞です。

近年の研究から、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、この免疫細胞を活性化させるため、がんやインフルエンザ、風邪などに対して、予防や改善に役立つことがわかってきました。

だから、腸内の善玉菌を増やすために日頃から乳酸菌を含むヨーグルトを摂取することは健康にしするのです。

ヨーグルトの栄養

ヨーグルトは栄養の豊富な食べ物で、善玉菌である乳酸菌・ビフィズス菌の他、乳酸発酵により産生された有機酸や酵素、その他、良質なタンパク質、ビタミン、カルシウムなどが含まれています。

また、ヨーグルトに含まれる栄養素の1つである乳糖た、腸内の善玉菌を増やして増えた善玉菌は病原菌の増殖を抑制します。

ヨーグルトは栄養成分が乳酸発酵によりうまれた酵素も含むので消化に良いので赤ちゃんからお年寄りまで安心して召し上がれます。

ヨーグルトの食べ方

ヨーグルトから摂取した乳酸菌は腸に2週間ほど定着した後、排泄されるので定期的に食べることが大切です。

また、乳酸菌のエネルギー源となるようにオリゴ糖や食物繊維もあわせてとることでより善玉菌を増やす事につながります。

善玉菌サプリと言う選択肢

とはいえ、ヨーグルトで必要量を摂取しようとすると20個も30個も食べる必要があり、漬物で摂取しようとすると何百gも食べなければならず、カロリーや塩分の過剰摂取が問題となります。

そこで、1日2g包を食べることで摂取できるすぐれものを紹介をしたいと思います。