発酵食品の歴史

乳酸菌や腸内環境について色々と知っていくうちに植物性乳酸菌の存在が気になってきた人もいるのではないでしょうか。

植物性乳酸菌は酸や塩分にも強い為、生きたまま腸に届いて活動してくれます。

この植物性乳酸菌を多く含んでいるのが発酵食品です。

微生物の力を利用して食品を加工している方法になります。

発酵食品というのは昔から作られており、古いものでは8000年ぐらい前からワインが作られていたともいわれています。
また4000年前から6000年前ぐらいの時期には遊牧民がミルクを持ち歩いていたところ固まって発酵していたという話もあるのです。

つまりは紀元前から発酵食品というのは存在していたと考えられます。

発酵する菌自体が食品の腐敗を防いでくれる働きがあるので常温の状態でも保存性が高いということで利用されてきました。

私たちの食生活では発酵食品といえば味噌やしょうゆ、お酢、漬物、納豆などが当てはまります。

日本は他の国と比べると発酵食品が多くある国です。

日本でも発酵に関する歴史は古くからあり、縄文時代から酒が作られていといわれています。

縄文時代の発酵方法は変わっており、雑穀などを口で噛んで消化酵素を混ぜ、ブドウ糖に変化させてから空気中にある酵母と混ざって発酵をするという方法だったそうです。

弥生時代ぐらいまではこの発酵方法だったのですが、米にたまたま麹菌が発生したことがきっかけで、麹菌を利用した発酵食品が増えていくようになりました。

後から味噌やしょうゆの元となる醤も中国から伝わってきて、後に味噌やしょうゆ、お酢、酒なども登場してきており、江戸時代には麹を利用した甘酒なども出ています。

また、漬物に関しては大和時代から塩を使って保存するという方法もとられているのでこのあたりから漬物の歴史があるのです。

このように見てみると日本は発酵食品をうまいこと作ってきた国だともいえます。

腸内の環境を整え、健康にもつながる発酵食品、毎日の食生活に取り入れて健康を維持していけるようにしたいものです。

おすすめランキングバナー