乳酸菌の種類

ヨーグルトなどを見てみるとそれぞれ違う乳酸菌を使っているのがわかると思います。

実際に乳酸菌というのはお腹の中で活動している善玉菌というイメージだとは思いますが、活動していく中で乳酸を作り出す役割がある細菌になります。

ヨーグルトや乳製品、乳酸菌飲料にはもちろん入っていますが、発酵を利用した漬物などにも含まれています。

動物性の乳酸菌は牛乳由来のものが主になります。

ビフィズス菌をはじめヤクルト菌、LG21、コッカス菌、クレモリス菌、アセトバクター菌など、色々な種類がありますが、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどに含まれているのが動物性乳酸菌になるのです。

動物性の乳酸菌は単独での活動になりますので私たちの体の中に入った時に多くの菌が腸に到着する前に死滅してしまう特徴があります。

ですが、分解された後に腸に着いてから腸を刺激するという働きを持っています。

この腸の刺激のおかげで免疫機能が上がる効果も期待できますし、植物性乳酸菌の餌となってくれるので、定期的に取ることで腸内のバランスも保てるのです。

植物性の乳酸菌は植物由来になります。

動物性と違いブドウ糖や果糖、ショ糖、麦芽糖などとも関係していますし、塩分に対しても死滅しないという特徴があります。

発酵食品の味噌やしょうゆなども植物性の乳酸菌が含まれています。

他にも他の微生物が一緒でも生きていけますし、栄養状態が比較的悪くても死滅しません。

その為、発酵食品の一つとも言える漬物には多くの植物性乳酸菌が含まれているのです。

ラブレ菌は京都のすぐき漬けの中に含まれている乳酸菌で他の乳酸菌に比べると胃酸などにも強いので生きたまま腸に届く菌です。

他にもザワークラウトやキムチやザーサイなどといった世界的にも有名な漬物にも含まれているので知らない内に摂取している乳酸菌とも言えます。

どちらかを偏って取るよりかは動物性、植物性をそれぞれバランスよく摂取することでそれぞれ違う働きをして効率よく体の中で活動していってくれる菌になります。

おすすめランキングバナー