脂肪酸とは、油脂を構成する成分で、数個から数十個の炭素が鎖のように繋がった構造で、炭素が6個以下のものが短鎖脂肪酸と呼ばれ、短鎖脂肪酸には酢酸、プロピオン酸、酪酸などがあります。

短鎖脂肪酸は、大腸の乳酸菌やビフィズス菌が難消化性の食物繊維やオリゴ糖を分解するときに発生する代謝物です。

この乳酸菌やビフィズス菌の代謝により生成された短鎖脂肪酸は大腸粘膜組織から吸収され、上皮細胞の増殖や粘液の分泌、水やミネラルの吸収のためのエネルギー源として人体に有益な働きをします。

また、この単鎖脂肪酸は腸から吸収されると血流に乗って全身をめぐり肝臓、腎臓などの器官でエネルギー源などに利用されます。

乳酸菌やビフィズス菌が腸内で産生する短鎖脂肪酸は、腸内を酸性にするので酸性の環境に弱い有害な菌である悪玉菌の増殖が抑制されます。

更にこれらは、大腸の粘膜を刺激して蠕動運動を促進することから便秘の改善、免疫反応を制御することからアレルギーの抑制が期待できます。

消化管内で生産された短鎖脂肪酸は、胃や大腸の上皮細胞に消費さるものもありますが、残りは血流に乗り肝臓に至り、脂肪合成の基質として用いられます。

その残りは血流によって全身の細胞のエネルギー源や脂肪合成の基質として用いられます。

おすすめランキングバナー