胆汁酸は肝臓でコレステロールを原料に合成されるステロイド化合物です。

胆汁酸は胆汁に含まれる有機酸で、ヒトではコール酸、ケノデオキシコール酸が一次胆汁酸として合成されます。

この合成された胆汁酸は胆汁成分として十二指腸に分泌されます。

胆汁酸の役割は食物として腸に入ってきた脂肪の吸収を促進することやコレステロール代謝を調節することです。

腸管内に分泌された胆汁酸は、腸内細菌のはたらきによりさらに二次胆汁酸へと変換され二次胆汁酸には大腸がん促進作用があるとされ注意が必要です。

肝臓から胆汁中へ分泌される胆汁酸にはタウリン、グリシンが含まれます。

胆汁酸が回腸まで到達すると腸で再吸収され、腸管循環を繰り返し、残りの胆汁酸は大腸に到達し、腸内細菌により変換され有害物質となります。

変換された物質としてデオキシコール酸やリトコール酸がありますがこれら二次胆汁酸はとても有害な毒素です。

腸内細菌がそれぞれが有する酵素により様々な二次胆汁酸が生成されます。

腸内細菌によっては胆汁酸の吸着作用、遊離型胆汁酸の菌体内への吸収作用などを介して、体外への胆汁酸排泄をするプロバイオティクスとしての働きをします。

プロバイオティクスとして分類される腸内細菌としては乳酸菌やビフィズス菌などが存在します。

おすすめランキングバナー