人間の腸管は消化管と呼ばれる通りに一義的な機能は消化吸収です。

しかし、腸管には消化吸収以外に重要な役割がありそれは免疫機能で、免疫細胞の多くが腸管に集中しています。

人間は口から物を食べるので食物に付着した病原体は消化管を通るので、それら経口摂取で侵入する外敵から防御するために腸には人体最大の免疫器官があるのです。

腸管には免疫器官を構成する細胞や、免疫細胞が外敵を排除するために産生した抗体などが存在し、抗体の6割は腸に集中しています。

さて、具体的に免疫器官があるかというと腸壁にある腸管上皮間リンパ球、腸管壁にパイエル板、腸管壁の下方部分にある粘膜固有層などが免疫系器官として点在し人間の免疫機能を担っています。

パイエル板の働きは、原細菌などの抗原が侵入した場合、病原菌などを取り込もものですが、T細胞、B細胞などの免疫細胞が集中して存在しています。

腸管免疫細胞は互いに連携し病原細菌抗原に対して抗体を作り、腸管に侵入する病原細菌侵入を防いでいます。

パイエル板はまた、B細胞が分化してできたIgA抗体をつくるわけですが、この細胞は腸だけではなく、口、鼻などへも移行し、抗体をつくり病原菌の侵入を防いでいます。

そして、免疫系は無害なものと有害なものを判別していますが、この無害なものを体内に取り込むことを免疫寛容と言います。

この免疫寛容が機能せず、過敏に免疫反応をすることをアレルギーと言います。

そして、乳酸菌やビフィズス菌などが産生する有機酸は腸管免疫をコントロールすることで知られています。

おすすめランキングバナー