Exif_JPEG_PICTURE

明治プロビオヨーグルトLG21

プロビオとは、明治独自の研究から開発されたヨーグルトに付けられる名前のようです。

これは明治独自の造語なので、一般的に使用される名前ではありません。

さて、名前にも付けられているLG21とは、東海大学医学部感染症学部門の古賀教授によるマウス実験で、乳酸菌に抗ピロリ菌作用があることが判明したことから、ラクトバチルス属の乳酸菌に抗ピロリ菌作用があるという考えに至ったことが始まりのようです。

明治乳業が所有する約2500種類の乳酸菌の中から、増殖性、乳酸産生能、胃上皮細胞への接着能、耐酸性、安全性考慮して乳酸菌を選定した結果、乳酸菌LG21株が良さそうだということからこの製品が開発されたようです。

ですので、このLG21ではなくても乳酸菌には、ピロリ菌を抑制する働きがあるようなので特にこの菌にこだわる必要は無いでしょう。

味や風味は・・・・?

Exif_JPEG_PICTURE

甘み、酸味、臭いは抑えて作られているようなので、ヨーグルトの酸味が嫌だ、甘いヨーグルトは苦手という人には良いかもしれません。

ただ、私には十分甘く感じました。

硬さは、木綿豆腐程の硬さがあります。

料理で良くヨーグルトを使うのですが、料理に使うのには適していないかもしれません。

ですので、このヨーグルトは料理に使ったりせずそのまま食べる方が良いでしょう。

完食・・・・

Exif_JPEG_PICTURE

特に癖も無いので、とても食べやすかったですね。

ただ、毎日食べると飽きてしまうかもしれませんね。