善玉菌

乳酸菌を意識して摂ろうと思った時によく「腸内環境を良くしよう」と考えますが、この時に善玉菌、悪玉菌という言葉を意識するようになります。

腸内細菌の分類としては善玉菌、悪玉菌、日和見菌で分けることが出来ます。

腸の中の環境を良くしてくれるビフィズス菌などの善玉菌がある一方、有毒な成分を出して腸の働きを阻害するような悪玉菌がいます。

腸内細菌の割合としては思ったよりも少なく、善玉菌は全体の2割ぐらいしかいません。

一方、悪玉菌は1割ほどいるといわれています。

残りの7割はどのような細菌がいるのかというと日和見菌といわれ、バクテロイデスなどが当てはまります。

日和見菌の特徴は善玉菌が多い健康状態が保てている時には特に体や腸にとって影響が出ることはありません。

ですが、善玉菌の勢いが弱った時に悪玉菌の勢いが出てきてしまうと一緒に悪い働きもしてしまうという菌になるのです。

腸内の中では善玉菌と悪玉菌が常に戦っているような状況です。

善玉菌が若干、優勢な状況が良い状態なのですが、悪玉菌が優勢になってしまった時には体調不良にもつながっていきます。

また、腸内環境での善玉菌と悪玉菌は年齢にも関係しているのです。

生まれた時には善玉菌が多いのですが、年齢と共にだんだんと悪玉菌が増える傾向にあり、老年になっていくとだんだんビフィズス菌などの善玉菌の数が減っていくという事もわかっています。

腸内のバランスを良くしようと思ったら食生活にも気をつけたいところです。

動物性乳酸菌を含む乳製品、そして植物性乳酸菌を含む野菜などを肉や魚、豆類などと一緒にバランスよく食べるようにしてください。

他にも生活習慣なども関係してきますので悪玉菌が増えないように睡眠などを多めにとり規則正しい生活を心がけるようにします。

ストレスなどもたまっていくと良くないのでストレスを貯め込まないよう上手に発散する事も大事です。

普段の生活を気をつけるだけでも腸内環境は良い方に変わっていきやすくなるので出来るところから実践してみましょう。

おすすめランキングバナー

関連記事

善玉菌の効果

腸内環境の正常化 腸内には健康に良い作用を及ぼす善玉菌と健康に有害な作用を及ぼす悪玉菌とどちらでもない日和見菌が存在します。 善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌がありこれらは腸まで消化されずに届いた難消化性の物質をエネルギー・・・

善玉菌の種類と特徴

人間の免疫は体外から入る細菌を排除しますが、その免疫にも排除されずに共存して腸内に住んでいる細菌があり腸内細菌と言います。 腸内細菌の種類は約1000種類、数にすると1000兆個、重さでは約1.0~1.5kgにもなります・・・

善玉菌を増やす方法

体調面でちょっとした事が気になるという人は多いと思います。 女性で考えると便秘を解消したい、肌も綺麗でいたいと思いますし、健康面の事を考えると免疫を上げて健康でいたいと考えます。 これらの希望は腸内環境を整えることによっ・・・