善玉菌の種類

人間の免疫は体外から入る細菌を排除しますが、その免疫にも排除されずに共存して腸内に住んでいる細菌があり腸内細菌と言います。

腸内細菌の種類は約1000種類、数にすると1000兆個、重さでは約1.0~1.5kgにもなります。

腸内細菌には、健康に有益な善玉菌、健康に有害な悪玉菌、どちらか優勢な方に味方する日和見菌と呼ばれている3種類の菌が存在します。

善玉菌の種類

善玉菌には、乳酸菌とビフィズス菌がありどちらも乳酸や酢酸などの有機酸を産生する腸内細菌です。

乳酸菌

乳酸菌はヨーグルト、チーズ、漬け物、味噌などの発酵食品の製造過程で自然に入るか人為的に加えられます。

乳酸菌は糖を摂取して乳酸や酢酸を産生しますが、これら酸は腸内を酸性にして悪玉菌の繁殖を抑制します。

乳酸菌の出す有機酸は腸の活動を活性化させたり免疫器官を向上させる機能があり、便秘解消や、免疫力の向上にもなります。

また、一部の乳酸菌は有為的にピロリ菌を排除するなど様々の効能の発見が相次いでいます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は元々人間の腸内に存在する常在菌で酸素のある環境は苦手で、酸素の無い大腸に主に存在します。

ビフィズス菌の出す代謝物は乳酸菌を増やす役割があるので腸内の善玉菌を増やします。

人間の大腸内に存在する善玉菌のほとんどははビフィズス菌で、生後すぐに共存関係が生まれますが加齢やストレスで現象をします。

ビフィズス菌も腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑えたり、その酸性物がミネラルの吸収を助ける働きをします。

乳酸菌もビフィズス菌もどちらも腸内環境を改善する役割がありますが、これら善玉菌が産生する物質は人間は合成できず、加齢とともに減少するので定期的な補給が必要です。