善玉菌の増やし方

体調面でちょっとした事が気になるという人は多いと思います。

女性で考えると便秘を解消したい、肌も綺麗でいたいと思いますし、健康面の事を考えると免疫を上げて健康でいたいと考えます。

これらの希望は腸内環境を整えることによって改善していく事が可能です。

腸内環境を整えるには悪玉菌を減らし善玉菌を増やすという方法で対策できますので善玉菌をどうやったら増やせるのかいくつかご紹介します。

善玉菌が減ってしまう理由

生後すぐは人間の腸内は善玉菌が優勢ですが、加齢とともに減少します。

また、食生活やストレスや抗生物質の摂取などでも善玉菌は減少します。

悪玉菌が増殖すると腸内はアルカリ性となりこれは善玉菌が増えない環境なので更に減ると言う悪循環になります。

善玉菌が増える要因

発酵食品や乳製品には乳酸菌などの善玉菌が豊富に含まれていて、これらの食品を多めに食べることで腸内の善玉菌を増やす手助けをしてくれるのです。

運動不足の人は腸のぜん動運動自体が弱い事も考えられます。

そこで軽くウォーキングをするなどして腸の働きを助ける工夫も必要です。

ストレスも解消できるのでまずは軽い運動からしてみて下さい。

善玉菌が元気に活動するためのエネルギー源を補給する事も大切で、ビフィズス菌、乳酸菌などはオリゴ糖などを餌にして活動しているのでオリゴ糖を摂取する事が大切です。

善玉菌の活動が活発になれば数も増えてきますのでオリゴ糖は普段の生活で利用したいところです。

なので普段の調理などで糖分を使う時にオリゴ糖などを使用すると良いでしょう。

食事の際に野菜を多めに食べるように心がけて食物繊維を多く摂るようにします。

食物繊維はダイエットに利用するといったイメージですが、腸では善玉菌に分解されて腸内環境で酸性になり腸の中を酸性にすると悪玉菌が増えないようになるのです。

なので食物繊維は普段から摂る様にしておくと腸内環境にとっても善玉菌にとっても良い状況になると考えます。

他にも腸内を酸性にする事が善玉菌を増やすポイントにもなってきますのでお酢やクエン酸などを摂取するようにしてみると良いです。

善玉菌を増やす食事

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、継続的に腸内に補充することに加えて善玉菌が増殖し易い栄養素を摂取することも大切です。

難消化性物質と呼ばれる栄養素は腸内で吸収されずに大腸まで届き善玉菌の栄養素となり、それらの栄養素とは食物繊維とオリゴ糖です。

食物繊維が豊富な食品

食物繊維は、その吸着性により有害物質を体外に排出させる機能がありますが、善玉菌のエネルギー源にとなり善玉菌を増やします。

穀物、芋類、豆類、シイタケ、ゴボウなどの他、海草類などにも食物繊維は多く含まれ外食が多いと不足がちなので、意識してこれらの食物繊維の多い食品を摂取しましょう。

オリゴ糖が豊富な食品

おロゴ糖も消化されずに大腸まで届き善玉菌のエネルギー源となります。

オリゴ糖は食材にも含まれ、含まれる食材にはタマネギ、ゴボウ、アスパラガス、大豆、バナナ、牛乳、ハチミツにも多く含まれています。

この糖は、虫歯菌の栄養にならないので虫歯にならない甘味料としても利用されています。

善玉菌を含むの発酵乳製品

善玉菌の中でビフィズス菌や乳酸菌はヨーグルトなどの乳発酵食品に多く含まれます。

ただ、ヨーグルトはカロリーが非常に高いためサプリメントなどで摂る方が太らずに善玉菌を増やせます。

おすすめランキングバナー

関連記事

オリゴ糖

食物に含まれる栄養素には、様々ありますが生命の維持に必要な三大栄養素として、糖質、タンパク質、脂質があります。 炭水化物は、腸で消化吸収されずに腸まで届く食物繊維と糖質に分類されます。 人間は生きている限りエネルギーをを・・・

食物繊維

食物繊維とはヒトの消化酵素で分解されない植物細胞壁成分と定義されています。 人間は活動している限りエネルギーを補給しなければならず、三大栄養素として、脂質、糖質、タンパク質があり食物繊維は糖質に分類されています。 植物セ・・・