オリゴ糖

にゅうさん子にゅうさん子

オリゴ糖って砂糖みたいなもの?

博士博士

食物に含まれる栄養素で生命の維持に必要な三大栄養素として、糖質、タンパク質、脂質があるのは知っているね。

炭水化物は、腸で消化吸収されずに腸まで届く食物繊維と糖質に分類され、砂糖もオリゴ糖も糖質に分類されるんだ。

人間は生きている限りエネルギーをを消費し続けるけど、糖質は消化器管で分解されぶどう糖になり全身の細胞に供給されるものなんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

ふむふむ

博士博士

この糖質には最小単位があり、単糖と呼ばれるんだけどね。

オリゴ糖は、この単糖が3個から10個つながったものをオリゴ糖なんだけど、他の糖と違うところは腸内で吸収されないことなんだ。

にゅうさん子にゅうさん子

腸で吸収されないって、太らないってこと?

博士博士

それもあるね、糖を制限されている糖尿病の人が使っていたりするね。

だけど、この特性にはもっと大切な役割があるんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

吸収されないオリゴ糖って体にとって必要ないのでは?

博士博士

この吸収されないと言うところがポイントで、吸収されずに大腸まで届くことがカギなんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

大腸までオリゴ糖が届くと何か良いことがあるの?

にゅうさん子にゅうさん子

つまり、善玉菌のエサになるってことね。

博士博士

オリゴ糖は善玉菌によって腸内で短鎖脂肪酸という酸性の成分を産生されてね。

この酸により腸内は酸性になり、その環境は悪玉菌によって住みにくい環境の為、有害物質を出す悪玉菌が抑制されるというわけだ。

にゅうさん子にゅうさん子

結果的に悪玉菌が減らされるのね。

博士博士

また、これら酸は腸の動きを活性化させるので腸の動きが良くなり便秘解消など便通異常の改善作用が期待できるね。

その他、短鎖脂肪酸は、カルシウムなどのミネラルの吸収が促進させることもわかってきたんだ。

このように善玉菌のエネルギー源を摂取することをプレバイオティクスと呼ぶんだよ。

にゅうさん子にゅうさん子

オリゴ糖の他にもプレバイオティクスってあるのかな?

博士博士

オリゴ糖は消化吸収されにくいから、太りたくない人や血糖値やインスリン分泌にもほとんど影響ないので糖尿病の方でも安心して摂取できるね。

で善玉菌を摂取する時はこのオリゴ糖も一緒に摂取するより効果を発揮できるんだよ。