善玉菌の働き

腸内環境の正常化

腸内には健康に良い作用を及ぼす善玉菌と健康に有害な作用を及ぼす悪玉菌とどちらでもない日和見菌が存在します。

善玉菌には乳酸菌やビフィズス菌がありこれらは腸まで消化されずに届いた難消化性の物質をエネルギー源にして乳酸や酢酸などの有機酸を酸性し腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑制します。

つまり、腸内で善玉菌は、腸の運動を活発にし、病原菌などを抑制する働きし、その有機酸は免疫力を活性化させるのでがん発生の抑制につながります。

悪玉菌は、脂質やタンパク質から有害な物質を産生し腸にダメージを与え、更にその有害物質が腸から吸収され全身をめぐります。

悪玉菌が増えると、腸の免疫力が低下し、発がん物質に対する抵抗力も弱くなり腸の活力の低下により便秘など様々な不具合が出ます。

この腸内環境のバランスは便秘、ストレス、不規則な生活などが原因で変化します。

整腸作用

善玉菌の代謝物である短鎖脂肪酸と呼ばれる有機酸は、大腸の粘膜を刺激し、腸内での便の移動を担うぜん動運動を活性化させます。

ぜん動運動を活性化させることにより、排便を促し、便秘や下痢の解消につながり、便秘などで腸内に滞留した消化物の腐敗を防ぎます。

コレステロールを抑える

コレステロールは、人間の細胞に欠かせない構成要素ですが、悪玉コレステロールが増えると、血管壁に蓄積し動脈硬化、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。

善玉菌の菌体成分には、コレステロールと結合する性質があるので、吸収し排便時に、余分なコレステロールを排出すると考えられています。

ビタミンと酵素を産生する

善玉菌が代謝により産生する物質にビタミンB、ビタミンK、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン、ニコチン酸、葉酸などの栄養素を合成する働きがあるので、美容や健康に良い効果が期待できます。

これらのビタミンは食物から摂取された場合、壊れやすいので食事から吸収するのは難しいのですが、善玉菌が腸内で合成する事で人体に吸収されやすくなります。